主催:
デロイト トーマツ コンサルティング
日時:
2013年7月31日(水) 13:30 〜 17:00 (開場 13:00)
申込期間:2013年7月10日(水)〜2013年7月26日(金)
 国内市場の飽和や海外市場の成長余地を背景に、多くの日本企業が海外企業のM&A(クロスボーダーM&A)へ積極的に取り組んでいます。そして、クロスボーダーM&Aから計画通りの成果を上げていくためのPost Merger Integration(PMI)への問題意識も高まってきています。
 しかしながら、多くの日本企業がクロスボーダーPMIにおける対象会社の生かし方に苦労をしているのが実情です。それまで高成長を続けてきたにも関わらず買収した途端に業績が減速したり、後になって思わぬリスクが顕在化し振り回されたりすることも少なくありません。対象会社にデリゲーション、つまり任せるべきところは任せつつも、本社としてどこまでコントロールしていくかが問われています。
 本セミナーでは、今後クロスボーダーM&Aを検討されている企業、また、既にクロスボーダーM&Aに取り組みつつも、当初計画した成果につながっていない企業の経営企画部門、M&A担当部門、海外事業部門の責任者・実務担当者の方々に対して、対象会社の力を最大化させリスクを最小化するための実務的なソリューションを具体的な事例も含めてご紹介いたします。 さらに、近年増えている事業の切り出し(カーブアウト)を伴うクロスボーダーPMIについても、成功のためのポイントを最新の事例を交えて解説します。

開催概要

会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F
TEL: 03-4218-4685
JR有楽町駅 国際フォーラム口より徒歩3分
地下鉄有楽町駅D5出口より徒歩3分
JR京葉線東京駅B1F地下コンコース出口6より連絡
JR東京駅丸の内南口より徒歩5分
地下鉄千代田線二重橋前駅出口1より徒歩3分
参加費 無料
定員 100名(お申込多数の場合は、やむを得ず抽選とさせていただく場合がございます。また、同業者の方のお申込はご遠慮下さい。あらかじめご了承いただきますようお願い致します。 )
対象 経営企画部門、M&A担当部門、海外事業部門責任者・ご担当様向け
内容 【講演1】事業成長・シナジー創出に向けた親会社としての対応
◆買収した事業の成長、シナジー創出のための親会社としての役割
◆対象会社に対する具体的な取り組みを事例を基に提示
   ・ 対象会社の経営陣のモチベーション向上に向けた親会社としての対応
   ・ 親会社からの技術・ノウハウの移植
   ・ グローバルでの親会社ブランドの活用
   その他事例多数

【講演2】クロスボーダーPMIにおけるリスクコントロール
◆クロスボーダーPMIにおいてコントロールすべきリスクとは
◆頻繁に見られるリスクと対処のポイントを、具体的事例を基に提示
   ・ 対象会社の内部統制レベルが低い場合 (例: J-SOXへの対応、内部監査の実施)
   ・ 対象会社の計数管理が不十分、もしくは自社の計数管理に対象会社を合わせる場合
    (例: 管理会計の連結、グローバル管理会計の構築)
   その他事例多数

【講演3】カーブアウトを伴うクロスボーダーPMIのポイント
◆グローバルでのカーブアウトに関する概況と実態
◆カーブアウト成功に向けたポイント(概論)
   ・ 事業分割範囲の特定
   ・ 事業継続に向けた現親会社との交渉
   ・ グローバルでの事業統合

*第2回クロスボーダーPMIセミナーは10月中旬に開催を予定しています
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ コンサルティング
セミナー事務局
TEL: 03-4218-4685(受付時間:平日 10:00〜11:45、12:45〜17:00) FAX: 03-5220-8601
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F