主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2013年7月29日(月)13:00〜15:45
申込期間:2013年7月12日(金)〜2013年7月26日(金)
AIJ投資顧問による年金資産消失事件から1年以上が経過し、受託者責任を確実に果たして明確にステイクホルダーに示すために、資産運用会社は新しい仕組みの構築や、既存の仕組みの一層の高度化に取り組んでいます。資産運用会社のビジネスモデルが多様化の一途にある中、AIJ事件は資産運用会社の内部管理態勢により一層の『精度』と『透明性』を求める一石を投じました。
今回のセミナーは、資産運用会社の内部管理態勢を巡る様々な外的要求事項を整理してあるべき方向性を示すとともに、.好謄ぅホルダーに対する説明責任を果たすための処方箋としてのSSAE16、GIPS等の保証業務の有用性、内部管理態勢強化のために欠かせない視点である内部監査やコンプライアンス面での合理的な態勢のあり方、さらには、F睇管理態勢のあり方を検討し評価する上での格好の材料となる外部委託先管理の要点、等について説明します。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17-04
TEL: 03-6213-1163
<Access>
JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅
A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 80名
対象 資産運用会社の経営者様、内部管理態勢の責任者様、担当者様
※なお1会社2名様までの参加とさせていただきます。
内容 【スケジュール】
13:00〜13:05 開会のご挨拶
           パートナー 浅野 昌夫

13:05〜13:30 基調講演
          AIJ事件およびこれに付随する規制の見直しが資産運用会社に改めて注意喚起したこと
           パートナー 浅野 昌夫

13:30〜14:05 外部監査による業務品質の訴求
          金融商品取引業者等に係る内閣府令改正と、「受託業務に係る内部統制(SSAE16
          等)」および「GIPS」
           パートナー 鈴木 吉彦

14:05〜14:15 休憩

14:15〜14:50 資産運用会社の内部管理態勢強化
          高度化する内部管理態勢の要求事項への対応を下支えする内部監査とコンプライアンス
          姿勢のあり方
           ディレクター 仲田 敏弘

14:50〜15:30 資産運用会社の外部委託管理
          サービス安定提供のためのシステム管理のあり方
           シニアマネジャー 川勝 健司

15:30〜15:45 質疑応答等
           パートナー 浅野 昌夫
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ セミナー事務局 担当: 和田あずさ
TEL: 03-6213-1162FAX: 03-6213-1186
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3−3−1 新東京ビル