主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2020年12月1日(火) 13:00〜2021年3月31日(水) 17:00
申込期間:2020年11月19日(木) 〜2021年3月26日(金) 終日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、世界中が未曾有の事態を迎えております。未だ収束の目処が立たず影響が長期化する中、在宅勤務が急速に拡大し、リモート(遠隔)で業務を遂行できる体制が求められ、企業活動におけるデジタル活用が必至となっている状況です。今後は各領域でのデータ活用の重要性が一層増し、企業はデータを活用した業務体制への転換が求められております。
今回のセミナーでは、COVID-19が経理部門のリスク管理に及ぼす影響と求められる対応について、最新のテクノロジーの活用事例や、有限責任監査法人トーマツのサービスの紹介を交えながら分かりやすく解説します。
ご多用とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 500名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 経理部門・財務部門の責任者様、担当者様
内容 経理部門におけるリモートリスクモニタリング
COVID-19によって様々な業務領域において在宅勤務が取り入れられ、業務フローが変更される中、内部統制の逸脱や不正のリスクモニタリングの重要性が高まってきています。また、リモートでの子会社モニタリングや、在宅勤務の拡大によって従業員の労務状況モニタリングが課題となってきています。このような中では積極的にテクノロジーを活用することで、組織のレジリエンスを高めることにつながります。テクノロジーの具体的な活用事例を示しながら今後のあるべきリスク管理についてご紹介します。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局
TEL:03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル