主催:
デロイトトーマツコンサルティング
日時:
2014年4月23日(水)〜2014年6月20日(金) 計3回
申込期間:2013年10月15日(火)〜2014年6月19日(木)
急激な成長とダウンサイジングは、組織に甚大な影響を与えます。中期経営計画を策定していても、その実現を支える要員・人件費がきちんと計画化されておらず、要員・人件費が単なるコスト削減項目として取り扱われ、対症療法的な調整のみを繰り返しているケースが多く見られます。

中期経営計画を実現させるためには、事業環境が変化するリスクを織り込みつつ、どのような成長シナリオをたどるのかを明確にすることが重要です。本セミナーでは、弊社の豊富なコンサルティング経験を活かし、人的リソースの観点から、中期目標を達成するための成長シナリオを検討するためのフレームワークをご紹介します。

開催概要

会場
〒100-0005 東京都 千代田区丸の内3-3-1  新東京ビル 4F
参加費 無料
定員 30名
対象
内容 ◆『量』の勉強会:トップダウンアプローチに基づく許容人件費と必要生産性の算出法
  (開催日:2014年1月29日(水) 13:30〜17:00) 開催済み
  (開催日:2014年4月23日(水) 13:30〜17:00) 開催済み

「人員計画と人件費計画は明確になっていますか?」、「財務的・短期的なコストカットが優先されすぎていませんか?」、「人員と人件費の実態をきちんとモニタリングできていますか?」
当勉強会では、経営企画・経理・人事など人員・人件費の管理に携わる方々に対して、以上のトピックスに関する概念や考え方だけでなく、データを用いた演習を交え解説します。


◆『質』の勉強会:人材の見える化と適材適所を実現する要員計画策定
  (開催日:2014年2月26日(水) 13:30〜16:00) 開催済み
  (開催日:2014年5月28日(水) 13:30〜16:00) 満席

「自社においてこれから必要になる人材はどのようなスペックの人材ですか?」、「必要なスペックを持った人材はどこにいますか?埋もれていませんか?」、「育成施策が総花的、対症療法的になっていませんか?」、「必要人材の確保に向けていま本当に打つべき施策は何ですか?」
やみくもに総花的に施策を講じても、競争優位の確立に最もクリティカルな人材を確保・育成することはできません。自社人材の特徴を把握(見える化)し、打つべき施策を明確にしていく方法、定量的な目標値の置き方、実際のアクションプランの作り方、優秀人材の抱え込みの対処方法等。課題感はあるものの、感覚的な議論に終始しがちな本テーマについて、具体的かつ定量的に整理・検討する方法を解説します。


◆『部門別KPI分析』の勉強会:モニタリング指標の見方と部門別要員・人件費計画の作り方
  (開催日:2014年3月20日(木) 13:30〜16:00) 開催済み
  (開催日:2014年6月20日(金) 13:30〜16:00) 満席

「自社の要員・人件費をマネジメントする上で、管理すべきKPIが明らかになっていますか?」、「KPIの動きに対して適切な対応ができていますか?」、「部門からの増員要請に対して、その必要性の判断に迷っていませんか?」
当勉強会では、モニタリング指標を用いたマネジメントと部門のマネジメントの2つのテーマについて、演習を交えて解説します。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

担当:ヒューマンキャピタルグループ 上林 俊介(カンバヤシ シュンスケ)
TEL: 03-5220-8600FAX: 03-5220-8601
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F