主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2013年9月17日(火)/2013年9月19日(木) 計2回
申込期間:2013年8月19日(月)〜2013年9月13日(金)
子会社・支店・ノンコア事業、海外子会社等のブラックボックスになりやすい組織での不正事例が頻発しており、企業グループ全体に対する広範囲なモニタリング体制の構築が求められている状況と推察されます。
本セミナーでは、CAAT(コンピュータ利用監査技法)を活用した効率的なモニタリング方法を紹介致します。また株式会社エージーテック様よりゲスト講師をお招きし、CAATツールであるACLをご紹介いただきます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 「無料」
定員 100名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 内部監査部、経理部等の管理担当部門の実務担当者
内容 【CAATを活用したモニタリング方法の解説】
不正対応や業務の健全性、適切性を確保するためにCAATを活用した効率的なモニタリング方法を紹介いたします。

【CAATツールであるACLの操作デモ】
CAATツールであるACLの機能や特徴、利用方法等を株式会社エージーテック 山本様より紹介いただきます。

【CAATを使用した分析事例の紹介】
ACLを利用した手続きの実施例を紹介いたします。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
大阪事務所 エンタープライズリスクサービス セミナー事務局  担当:神薗
TEL: 06-4560-6021FAX: 06-4560-6019
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目1番1号 淀屋橋三井ビルディング