主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2020年10月23日(金) 0:00〜2021年3月31日(水) 23:55
申込期間:2020年10月23日(金) 〜2021年3月26日(金) 終日
国から個別施設計画の策定と公共施設等総合管理計画の改訂が要請されるなど、より詳細な公共施設マネジメントの取組が求められています。また、人口減少や施設の老朽化が進む中、これらの計画策定などを機に、公共施設の再編の検討や官民連携の推進の検討、住民説明会などといった公共施設マネジメントを具体的に実行する事例も増えてきています。

こうした中、有限責任監査法人トーマツでは、自治体が抱える公共施設マネジメントの課題や対応策について幅広い視点でテーマをご紹介させて頂き、自治体の公共施設マネジメント推進の一助になることを願い、本Webinarを企画いたしました。具体的には、総合管理計画の改訂のポイントや公共施設再編のポイント、財源措置、全庁的な公共施設マネジメントを進めるにあたってのプロジェクトの推進ポイント等をご紹介するほか、公共施設において多くの割合を占める学校施設のマネジメントのポイント等を紹介します。

ご多忙とは存じますが、Webinar形式で視聴可能期間も長めに設定しています。ぜひご参加、ご視聴くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
参加費 無料
定員
対象
内容 第1部 総合管理計画改訂のポイント
国から2021年度までの公共施設等総合管理計画の改訂が求められています。公共施設等総合管理計画改訂では、前年度までに策定された個別施設計画を基に、個別施設再編の過程を踏まえた効果額の算出がポイントとなります。これらの取組を着実に進めるための手法をご説明します。

第2部 全庁的な公共施設再編
公共施設再編の実行段階においては、単純建替に留まらない再編案件の増加が今後見込まれます。取組を成功に導くためには、再編に対する方向性や具体的な再編イメージ、庁内体制を検討しながら戦略的に取組む必要があります。実行段階における課題と解決に向けた方策のポイントについてご説明します。

第3部 学校施設マネジメント
少子高齢化で年少人口の減少が進む中、公共施設の中でも面積割合の多い学校施設をどのようにマネジメントしていくかは大きな論点の一つになります。このため、学校教育として実現したい姿の検討やそれを踏まえた学校施設の適正規模・適正配置の考え方のポイントについてご説明します。

第4部 公共施設マネジメントの財源措置
実効性のある公共施設マネジメントを進めるためには、財源の裏付けが重要になります。また、「公共施設等総合管理計画の策定にあたっての指針」では、地方公会計の活用が記載されています。このため、財政シミュレーションの実施手法や、財源措置の検討、公会計の活用ポイントについてご説明します。

第5部 公共施設プロジェクトマネジメント
公共施設マネジメントは行政経営上大きなプロジェクトともいえます。その着実な実行のためには、公共施設マネジメント部署が主体的に庁内・庁外のステークホルダーへの合意形成や連携、協力体制を構築しながら適切に推進していく必要があります。このため、公共施設プロジェクトマネジメントのポイントについてご説明します。

第6部 住民説明の進め方
公共施設マネジメントを実行していく過程では、実際に利用する住民の理解を得ることが重要になります。住民説明に関しては、様斬な手法(情報提供型、対話型、住民主導型)があり、主な手法や進め方のポイントについてご説明します。

第7部 ディスカッション:「公共施設マネジメントの勘所」
公共施設マネジメントを検討・実行していく上で重要な点や、課題と目指すべき方向性、コロナ禍の中で優先すべき公共施設マネジメントの取組などについて、対話形式でご説明します。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
リスクアドバイザリー事業本部 パブリックセクター
TEL:03-6213-1251
東京都千代田区丸の内3-2-3 丸の内二重橋ビルディング