主催:
有限責任監査法人トーマツ
税理士法人トーマツ
日時:
2013年12月20日(金)14:00〜17:00
申込期間:2013年11月19日(火)〜2013年12月13日(金)
2013年6月11日、外国口座税務コンプライアンス法(FATCA)についての日米当局の相互協力・理解に関する声明が公表され、その後、金融庁から日本の金融機関に対して、FATCA対応を求める要請文が発出されました。
FATCAの対象となる「金融機関」は広範に定義されており、銀行、証券、保険、農協・漁協、信金・信組、労金、投信、投資組合等が対象となります。FATCAの対象となる金融機関に該当する場合には、FATCAについて正しく理解し、影響分析およびコンプライアンスに向けた準備が必要となります。
日本の金融機関は、金融庁からの要請文に基づき、モデル2協定参加国金融機関または日米声明付随文書IIにもとづく登録みなし遵守FFIとして、FATCAポータルサイトにおいて、登録手続きを2014年1月1日〜4月25日の間に完了させることに加え、FATCA責任者の任命、FATCAに準拠した規程または手続きの策定等の対応が求められています。
また、9月6日、ロシアのサンクトペテルブルクにて介されたG20首脳会合において、2015年末までにG20間でOECDが中心となって準備を進めている税務に関する自動的情報交換制度を開始することが宣言され、間もなく、米国人だけではなく、世界中の国の居住者を特定し、報告する制度の導入が予定されております。
日本の金融機関は、FATCA対応だけではなく、自動的情報交換制度を見据えた準備を早急に行う必要に迫られています。
本セミナーにご参加いただくことで、FATCA規定の基礎を理解し、更には自動的情報交換制度を含む最新の情報を入手することにより、今後の対応に十分にご活用いただけると考えております。
ご多用中とは存じますが、是非ご参加下さいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
810-0001 福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ
TEL: 092-751-1120
・福岡市営地下鉄空港線 天神駅下車 徒歩7分
・西鉄バス 天神一丁目駅下車 徒歩1分
・福岡市営地下鉄七隈線 天神南駅下車 3番出口から徒歩1分
・西鉄大牟田線 福岡駅下車 徒歩5分
参加費 無料
定員 40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象
内容 <スケジュール>
14:00〜14:05 ご挨拶
14:05〜15:15 FATCA概要
          OECD自動情報交換制度の概要
15:15〜15:25 休憩
15:25〜16:45 本人確認手続き(手続きの選択、各業界の動向)
          参加FFIとみなし遵守FFIの相違点
          金融機関の対応とトーマツのサポート
16:45〜17:00 質疑応答

<講師>
税理士法人トーマツ 前田 幸作
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
福岡事務所 金融インダストリーグループ セミナー事務局 担当: 久保
TEL: 092-751-1120FAX: 092-751-1035
〒810-0001 福岡市中央区天神 1-4-2 エルガーラ