主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
開催日時:2020年12月11日(金)14:00 〜 15:00
申込期間:2020年12月7日(月)23:59
※いずれも日本時間(UTC+9/予定)
気候変動、自然災害、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などによって、企業を取り巻く外部環境は急速に変化しています。このような状況において、統合思考に基づく企業の長期的で持続可能な価値創造への取り組み、サステナビリティや非財務情報に関するステークホルダーからの情報開示ニーズは高まりを見せています。

有限責任監査法人トーマツでは、毎年ご好評をいただいております「ESG・統合報告書の情報開示ウェビナー2021」を開催いたします。本セミナーは、CSR/ESG、統合報告の情報開示を検討されている企業のご担当者の方を中心に、上記に資する情報開示に関するグローバルトレンド、日本企業の統合報告書の先進事例を紹介します。ご多用とは存じますが、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
参加費 無料
定員 500名
※同業者の方、もしくはお申し込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承ください。
対象 ●経営企画/IR/ESG/CSR/財務・経理部門のご担当者
●統合報告書、CSR、サステナビリティレポ―ト、環境報告書を発行されている企業の作成ご担当者
●報告書の発行を検討されている企業のご担当者で、非財務情報開示に係る最近のトレンドや統合思考に基づく企業価値創出に係る日本企業の先進事例を知りたい方
内容 14:00-14:05 ご挨拶(5分)※日本語字幕付き
Veronica Poole
Partner at Deloitte,
Global IFRS Leader and Head of Accounting and Corporate Reporting for Deloitte North and South Europe

14:05-14:25 情報開示に関するグローバルトレンド(20分)
有限責任監査法人トーマツ
パートナー 達脇 恵子
・IFRS財団のサステナビリティ基準審議会設立協議
・非財務情報の拡充:Stakeholder Capitalism
・IIRC国際統合報告フレームワークの改訂

14:25-15:00 統合報告書の好事例のご紹介(35分)
有限責任監査法人トーマツ
シニアマネジャー 秋山 造
・ESG経営
・長期ビジョンの設定
・価値創造プロセス、財務戦略、バリューチェーンと事業リスク、ESGの取り組みとバリューチェーン、コーポレートガバナンスなど
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局
TEL:03-6213-1515
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル