主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2014年1月16日(木) 10:00〜11:45
申込期間:2013年12月27日(金)〜2014年1月15日(水)
近年、リスクマネジメントの重要性が増しており、企業における意識も高まっています。進展する企業のグローバル化やサイバー攻撃の高度化、SNS利用者の増加等に伴い、幅広い企業リスクが顕在化しており、リスクマネジメントの巧拙が企業の将来に重大な影響を及ぼすようになっています。
トーマツ企業リスク研究所では、2002年以来毎年「企業のリスクマネジメント調査」を実施しており、企業のリスクマネジメントの実態について、当年の傾向や経年分析を公表しています。
この度、最新の2013年版調査結果を公表するに至りましたので、その内容を共有すべく、解説セミナーを開催させて頂くこととなりました。本セミナーは、リスク評価体制やモニタリングなど企業リスクマネジメント体制の構築状況を代表する指標を解説するとともに、企業が優先すべきだと考えるリスクや海外拠点のリスクマネジメント状況などの最新情報を解説いたします。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17F
TEL: 03-6213-1113
参加費 無料
定員 50名
対象
内容 ■ 2013年度リスクマネジメント調査の解説
リスクマネジメント調査は、2002年以来トーマツリスク研究所にて実施されている、トーマツセミナーへの参加企業に対するアンケートに基づくリスクマネジメント体制の調査報告です。当セッションは、リスクマネジメント調査の実施担当者による、最新調査報告の解説であり、企業におけるリスクマネジメントの担当者の方にとって他社の概況を知りうるよい機会になります。

■ Webアンケートシステムを利用した不正リスクマネジメント手法の解説
不正は、直接的な経済的損害を組織に与えるものであり、組織にとってその撲滅を図ることは重要な意味を持ちます。加えて、不正は組織の健全性が損なわれているの兆候を示すことがあるという点においても重要な意味を持ちます。トーマツでは、不正がおきやすい状況を分析し、その兆候を捉えるためのメソドロジーとツール(通称FRAME)を開発しました。当セッションでは、FRAMEを解説し、リスクマネジメント担当者が不正リスクを効率的にに管理するための手段をご紹介します。
内容
詳細資料
備考 同業者、コンサルティングファームの方のご参加はご遠慮いただきます。
お申込いただいた場合でもご要望に沿えない場合もございます。予めご了承下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
トーマツ企業リスク研究所 事務局 杉田/稲垣
TEL: 03-6213-1112FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル