主催:
有限責任監査法人トーマツ広島事務所
日時:
2014年2月28日(金)  14:00〜17:00
申込期間:2014年1月20日(月)〜2014年2月25日(火)
安倍内閣が発足して1年が経過し、長引くデフレからの脱却、行き過ぎた円高の是正により、GDP成長率はプラスを継続し、日本経済全体としては景気回復の方向に向かっています。しかし、国内で製造部門を持つ製造業にとっては、デフレからインフレへ、円高から円安への変化は、製造コストの増加要因となります。原材料等を海外から輸入し、国内企業に向けて製造を行っている企業にとっては、増加する製造コストを如何にして販売価格に転嫁できるかが大きな課題となっています。また、2014年4月1日の消費税率の引上げによる税負担の転嫁も重要な課題となっています。このような経済環境では、製造コストの正確な把握、また経営の意思決定に活用可能な原価計算の仕組を持つことが重要となります。
本セミナーでは、原価計算の目的と役割を再確認し、本来の原価計算の機能を紹介するとともに、具体的な整備支援のプロジェクト例をご紹介します。是非、本セミナーにご参加いただき、貴社の発展ひいては広島経済の活性化のお役に立てればと考えております。皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。

開催概要

会場
〒730-0013 広島県 広島市中区八丁堀3-33 広島ビジネスタワー16階
TEL: 082-222-7050
・広島バス「合同庁舎前」バス停から徒歩約2分
・広島電鉄市内線「立町」電停から徒歩約4分
・アストラムライン「県庁前」駅から徒歩約6分
・広島バスセンターから徒歩約8分
参加費 無料
定員 25名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 製造業企業の経営者、製造部門、管理部門の担当取締役、実務担当者の方々等
内容 第1部 『コストマネジメントと原価計算』
・ 製造コストと原価計算
原価計算には、製造工程や製品形態、利用目的などによって複数の手法があります。代表的な原価計算の概要にふれながら、原価計算の手法を用いて製品原価を算定する方法を紹介いたします。
・ 原価計算の具体的利用方法
原価計算を利用・発展させることで、販売価格の設定における指標としての利用や、生産管理における管理指標としての利用など、具体的な利用方法を紹介いたします。

第2部 『原価計算整備のプロジェクト事例』
・ コスト構造を把握し企業経営に活かす原価計算整備のポイント
原価計算の整備は管理部門のみならず、生産に関わる業務プロセスの改善・整備が前提となります。プロジェクト事例の紹介を通して原価計算制度を構築するための業務プロセス・情報収集体制整備のポイントから、原価情報を経営改善に役立てるコストマネジメントのポイントを解説します。
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
広島事務所 セミナー事務局 担当:相原
TEL: 082-222-7050FAX: 082-222-7233
広島市中区八丁堀3-33 広島ビジネスタワー16階