主催:
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
日時:
2014年2月24日(月)14:00〜15:45
申込期間:2014年1月27日(月)〜2014年2月21日(金)
平成25年7月に金融庁から公表された「貸金業者向けの総合的な監督指針」により、貸金業を行うクレジット会社における組織には、システムリスク管理態勢の強化が要請されています。大手組織においては、自組織の現在の態勢を要求事項に沿って検証し、改善が必要な部分の対応に着手していますが、多くの組織は厳しい要求事項の対応に苦慮しています。
また、事務ミスを減らして顧客からのクレームや関係省庁への報告を減らしたい、業務のやり方が属人的であり顧客に対して均質的なサービスを提供するために標準化したい、非効率な業務を洗い出して効率化したい等の業務改善の要望をお持ちであると思われます。
本セミナーでは、クレジット会社における多くの組織が抱える悩みや要望に焦点をあて、その対応のポイントをご紹介いたします。是非この機会にご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17階
TEL: 03-6213-1112
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅
 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 40名
対象 クレジット会社(カード業、消費者金融業)等のコンプライアンス部門、システム部門、事務企画部門等
内容 【テーマ】
■クレジット会社におけるシステムリスク管理のポイント
  デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 マネジャー 山本 剛生

システムの安定的な稼働が前提となっている昨今において、利用者保護ならびに貸金業者としての信頼を確保するうえで、システムリスク管理態勢の強化は極めて重要です。本セッションでは、パブリックコメントに対する回答等から読み取ることのできる金融庁の考え方や対応事例等を踏まえて、クレジット会社におけるシステムリスク管理のポイントをご説明いたします。

■クレジット会社における業務改善(BPR)のポイント
  デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 シニアコンサルタント 時村 貴裕 

顧客に対する均質的なサービス提供やコスト削減を目的として業務品質の向上や業務効率の向上に取り組むためには、現在の業務を可視化したうえで、改善の余地を探る必要があります。本セッションでは、デロイトが提供した業務改善の事例(デロイト アナリティクス※を利用した事例を含む)を踏まえて、コンプライアンスやシステム化も意識したクレジット会社における業務改善(BPR)のポイントをご説明いたします。
※デロイト アナリティクスとは、デロイトがグローバルに提供しているサービスのひとつで、ビッグデータを分析することにより現状に対する洞察や事実に基づいた意思決定等を行うための手法です。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 杉田/稲垣
TEL: 03-6213-1112FAX: 03-6213-1117
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル