主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2014年5月26日(月)〜2014年9月22日(月)
申込期間:2014年4月21日(月)〜2014年5月16日(水)
少人数のゼミナール形式で年金業務を学ぶ通称「トーマツ塾」(2014年度:第佐)を開催いたします。年金基礎講座として、実務面での活用を意識し、業務遂行に必要な知識やスキルを習得いただけるようテーマ設定しております。本講座の受講により、年金業務の基礎的な内容を効率的に身につけていただくことができるものと考えております。

開催概要

会場
100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 (「第1回」〜第4回」会場)
*「第5回」、「第6回」会場は、『新東京ビル』となります。
地図をご参照ください
参加費
定員 1コマ30名程度
(30名に達した段階で募集を締め切らせていただく予定です。)
対象 人事部、財務部、経理部、年金基金の業務(もしくはこれらに関連する業務)に従事している方
*新任担当者あるいは業務従事期間の短い方の受講が効果的です。
内容 第1回 5月26日(月)
◆年金財政の基礎
年金財政の仕組み、財政決算報告書の読み方、年金財政上の剰余・不足の要因、継続基準・非継続基準について学習します。

第2回 6月10日(火)
◆年金財政再計算と掛金の見直し
財政再計算報告書の読み方、財政再計算による不足金の解消と掛金の見直し、継続基準・非継続基準の財政検証との関係における留意点について学習します。

第3回 6月25日(水)
◆退職給付会計(基礎) 退職給付会計の全体像
退職給付会計の概要、各会計用語の定義と内容、退職給付債務等の測定、費用の構成要素と会計処理の流れ、財務諸表への表示・開示について学習します。

第4回 7月28日(月)
◆退職給付会計(応用) 数理計算に関する実務
退職給付会計基準の改正に関する概要、割引率の設定方法、給付の期間帰属等の数理実務ガイダンスに関する概要と実務、国際会計基準(IFRS)との比較等について学習します。

第5回 8月25日(月)
◆年金資産運用の基礎
政策アセットミックスの策定及び維持、分散投資効果についての再確認、インフラ投資を含むオルタナティブ投資の動向、受託者責任を果たすための外部監査等の利用について実務に役立つ内容を中心に学習します。

第6回 9月22日(月)
◆退職給付制度の運営、マネジメント
退職給付制度の法令改正の動向、グループ企業間での退職給付制度の運営方法、年金制度のガバナンス、従業員コミュニケーションのほか、最新の退職給付制度を取り巻くトレンドについて学習します。
内容
詳細資料
備考 折り返し、申し込み受付の連絡をいたします。また、お申込受付後、受講票をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ年金アドバイザリー
TEL: 03-6213-1186
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル