主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2014年9月17日(水)13:30〜17:00
申込期間:2014年8月8日(金)〜2014年9月16日(火)
国内景気の変動や、新興国の台頭などによりビジネス環境が変化し競争が激化している現在、企業には迅速な意思決定やそれによる経営効率の改善が求められています。このため、多くの企業で様々な指標に基づく経営管理が行われていますが、正確かつ必要な情報をタイムリーに入手して、経営意思決定・経営改善に繋げるという意味において、いまだ“活用できる”経営管理の仕組みの完成まで道半ばというのが実情ではないでしょうか。
当セミナーでは、経営情報は存在するものの、「管理指標に基づくレポート作成自体が目的になってしまい、本当の意味で情報が活用できていない」「経営情報の生成プロセスがブラックボックス化しており、内容の分析がままならない」「システム更新を機に、経営情報を活用できるものにしたい」といった問題意識をお持ちの企業のご担当者様に対して、そもそも経営情報を活用するとはどういうことなのか、実際に経営基盤を構築するに当たって検討すべきポイントとは何かを、豊富な事例を交えながらご紹介いたします。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL:06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 無料
定員 60名
対象 経営企画をご担当の責任者・担当者、経理部門のシステム企画責任者・担当者情報システムの企画
運営・管理等をご担当の責任者・担当者
内容 13:30〜13:40 ご挨拶 
13:40〜14:40 【セッション1】経営管理に資する経営情報の活用とは
14:40〜15:00休憩
15:00〜16:00 【セッション2】経営情報の活用に向けた構想策定の勘所
16:00〜17:00 【セッション3】経営情報を活用する仕組みの実現に向けたポイント
内容
詳細資料
備考 お申込みの際は1名様ごとに登録をお願いいたします。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
大阪事務所セミナー事務局 担当:中嶋/武田
TEL:06-4560-6006FAX:06-4560-6019
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング