主催:
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
日時:
2021年9月1日(水) 〜2021年12月27日(月)
申込期間:2021年9月1日(水) 0:00〜2021年12月27日(月) 17:00
2021年8月23日(月)にストリーミング配信いたしました本Webinarは、ご好評につきオンデマンド配信をさせていただくこととなりました。
お申込みされていなかった方は是非この機会にお申込みの上、ご視聴いただければ幸いです。
(視聴時間:約60分)

※同業者、類似サービスを提供されている企業様のお申し込みはご遠慮ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、東南アジアの多くの日系企業各社はこれまでと異なる人材マネジメントに着手し、政府から発出される新たな規制に対してリモートワークや勤怠調整などで対応してこられました。
 2021年に入り、各国の努力で感染拡大が停滞し始めたと共に、ワクチン接種拡大の効果も国によっては徐々に見え始め、ヒトやモノの動きが加速し始めたと同時に、事業もCOVID-19以前の状態に戻りつつあることを、幾つかの日系企業から伺っています。
 Deloitteでは、COVID-19後の事業の状況に応じて、「対応期」「回復期」「繁栄期」の3つのステージに分けて打つべき施策等を各企業と議論しており、本オンラインセミナーにおいて特に「対応期」から「回復期」に向かうべき組織人事の打ち手について、3回に分けてご紹介させていただきます。
 最終回である第3回は、「柔軟性のある人材運用の実現」に向けて、日系企業で検討、または着手されている具体的な施策をご紹介します。

開催概要

会場
Webinar(オンラインセミナー)
(お申込いただいた方には、開催前営業日に受講方法および視聴用のURLをご案内します)
参加費 無料
定員
対象 人事、経営企画、海外事業 ご担当役員・ご担当者様
内容 東南アジアの日系企業の「Recover(回復期)」に向けた打ち手の全体像
第3回:柔軟性のある人材運用の実現

講師
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
シニアマネジャー 南 知宏 (東南アジア出向)、シニアコンサルタント 苅込 尚志 (東南アジア出向)
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
セミナー事務局
TEL:03-6213-1515
(電話によるお問合せ受付時間:平日10:00〜11:45 / 12:45〜17:00)