主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年3月6日(金) 15:00〜20 :00
申込期間:2015年1月5日(月)〜2015年3月5日(木)
ご存知のとおり、製薬業は、研究開発志向の知識集約型産業であり、資本集約型の製造業とは様々な点で異なる特徴を有しています。また、人の生命や健康に密接に関連していることから、ビジネス活動の各局面において、様々な規制を受けています。さらに近年の相次ぐ大型医薬品の特許切れ、先進国での医療費増加抑制策の推進等の外部環境の変化を受けて、製薬企業のビジネスモデルは大きな変革を迫られています。新規領域の強化、市場の拡大を目的としたM&A、他社とのアライアンスの活発化がその例です。こうした製薬企業のビジネス活動の変化は、関連する管理面での論点を複雑化させています。有限責任監査法人トーマツ ライフサイエンス事業ユニットでは、製薬業界における様々な論点を整理し、先進事例を提供するとともに、各社の情報交換の場として活用していただければと思い、在阪の製薬企業を対象としたミニセミナーを開催いたします。
第2回のテーマは、「製薬業界におけるM&Aの動向及び開示について」と、「BEPS Action13に関連する最新情報のupdate及び今後のあるべき日本企業のタックスガバナンス」を予定しており、デロイトトーマツファイナンシャルアドバイザリー(株)と税理士法人トーマツの各分野の専門家が講師を担当いたします。また第1回に引き続き、参加企業の皆様の意見交換も実施させていただきます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 ・勉強会 「無料」
・懇親会 3,000円(税込)
定員 16名
対象 製薬企業の方
内容 15:00〜16:15
製薬業界におけるM&Aの動向及び開示について
16:15〜17:30
BEPS Action13に関連する最新情報のupdate及び今後のあるべき日本企業のタックスガバナンス
18:00〜20:00
会食
内容
詳細資料
備考 1社あたりの参加者を4名程度とさせていただきますのでご了承ください。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
大阪事務所関西セミナー事務局 担当:武田洋美
TEL: 06-4560-6006FAX: 06-4560-6019
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング