主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年2月18日(水) 13:30〜17:00
申込期間:2015年1月16日(金)〜2015年2月16日(月)
近年、多くの企業が生産拠点または市場として、海外への事業展開を進めています。製造業が多く集積している広島県においても海外現地法人を設立している企業が多くみられます。しかしながら、事業面が先行し、経営管理が後手に回り、海外子会社のコントロールが不十分な企業は少なくありません。
当法人では、海外事業を円滑に展開するためには、会社規模や直面している課題に応じた経営管理のしくみが必要と考えます。特にグループ全体のタイムリーな意思決定のためには、在外子会社を含めた経営数値の集積と見える化を行うことが重要です。
本セミナーは、グローバル経営の主要課題を解説するとともに、在外子会社連結の重要性や実施方法について、ケーススタディを通して理解を深め、自社が目指すゴールへ向かうための気づきとヒントをお持ち帰りいただける内容となっております。

開催概要

会場
〒730-0013 広島県 広島市中区八丁堀3-33 広島ビジネスタワー16階
TEL: 082-222-7050
◆広島バス「合同庁舎前」バス停から徒歩約2分◆広島電鉄市内線「立町」電停から徒歩約4分
◆アストラムライン「県庁前」駅から徒歩約6分◆広島バスセンターから徒歩約8分
参加費 無料
定員 30名(定員になり次第、受付終了とさせていただきます。)
対象 ※ご同業者の方は、お断りする場合もありますので、ご了承ください。
内容 第1部:グローバルガバナンスの強化と海外子会社管理の勘所
第2部:グローバル企業における経営数値の集積と見える化
第3部:ケーススタディ&グループディスカッション
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、セミナー開催日の3日前までに受講票等ご案内させていただきます。
※当日は、お名刺を1枚お持ちくださいますようお願いいたします。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
広島事務所 セミナー事務局 担当:相原
TEL: 082-222-7050FAX: 082-222-7233
広島市中区八丁堀3-33 広島ビジネスタワー16階