主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年3月11日(木)13:30〜16:45
申込期間:2015年1月26日(月)〜2015年3月8日(日)
消費税が8%になり、増税分を価格に上乗せすることが困難である状況下において、さらなる業務の効率化、売上アップに多くの企業が取り組まれています。また、ICTの進展に伴い経営判断の早期化や販売促進活動に活かせる新たな発見など、ビッグデータを経営に役立てたいという企業が増加しています。企業競争力の強化に向けて、ビッグデータをビジネスに活用する取り組みが、業種を問わず本格化しています。日々増加し続けるデータに対して、意思決定に必要な分析を実施している企業は何をしているのでしょうか。

開催概要

会場
〒810-0001 福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ 11F
TEL: 092-286-1943
◆地下鉄「天神南駅」より徒歩1分◆地下鉄「天神駅」より徒歩7分◆西鉄「福岡駅」より徒歩3分
※お車でお越しの方は、近隣の駐車場等をご利用ください。
参加費 無料
定員 50名
対象 経営者、経営幹部及び経理担当責任者
内容 ◆第1講座 13:30〜14:50 ビッグデータ活用によるビジネス展開
ビッグデータの活用は、管理部門だけでなく、製造部門や営業部門など多くのビジネス現場において実施されています。本講座では、ビックデータによるビジネスへのインパクト、およびビックデータ活用による業務プロセス改革の取り組み方法を説明いたします。

◆第2講座 15:00〜16:30 事例に学ぶ ビッグデータ活用術
事例をベースに、ビッグデータ活用におけるビジネスとICTを結びつけるポイントを理解していただきます。ビッグデータ活用が業務プロセスに与える効果を「営業活動の効果分析」「需要予測の高度化」「生産プロセス革新」などを中心に分かりやすく説明いたします。


◆まとめ 16:30〜16:45 質疑応答及びアンケート記入
内容
詳細資料
備考 Webでお申し込みいただきましたら、セミナー開催1週間前頃にメールで受講票をお送りいたします。受講票を印刷し、当日は受講票を受付にご提示ください。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 松岡(マツオカ)
TEL: 092-286-1943FAX: 092-751-1035
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ