主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年3月6日(金) 13:30〜16:30
申込期間:2015年1月30日(金)〜2015年3月4日(水)
景気は回復基調にあるといわれていますが、最近のビジネス環境は、不透明感を増し依然予断を許さない厳しい状況にあります。
こうした状況の中で、最も重要な経営資源である人材が、「どうすれば最大のパフォーマンスを発揮してくれるか」を企業が真剣に考え始めています。現在、環境やビジネスモデルの変化に加えて、従業員の労働観、価値観の多様化が進み、従来の人事管理の方法論が通用しなくなっていることに多くの企業が悩まれています。年功序列制度が維持できなくなり、自社のビジネス環境や向かうべき方向性を真剣に検討することなく「成果主義」に飛びついた結果、多くの副作用が発生したため、新たな処方せんを求めて、試行錯誤されている企業が多く見られます。
当セミナーでは、日本における人事制度の歴史的な背景を理解し、現在の情報通信技術の進展が人事制度にもたらすインパクトをお伝えすると同時に、なぜ成果主義が機能しないのかを徹底的に解説いたします。

開催概要

会場
〒810-0001 福岡県 福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ 10F
TEL: 092-286-1943
◆地下鉄「天神南駅」より徒歩1分◆地下鉄「天神駅」より徒歩7分◆西鉄「福岡駅」より徒歩3分
※お車でお越しの方は、近隣の駐車場等をご利用ください。
 
参加費 無料
定員 40名
対象 経営者、経営幹部、人事担当責任者
内容 ◆第1講座 13:30〜14:50 【日本型人事管理の歴史とIT化がもたらすインパクト】
日本における人事管理特性の歴史を振り返り、「インテグラル型(摺り合わせ型)」産業と相性が良かった職能資格制度と「モジュラー型(組み合わせ型)」産業にマッチする職務等級制度の特徴を理解していただきます。さらに近年の著しい情報通信技術の進展が人事管理及ぼす影響と日本型人事管理の展望を解説いたします。

◆第2講座 15:00〜16:20 【成果主義はなぜ機能しないのか】
人事管理は企業の個性(経営理念)とリンクした「らしさ」を考え抜き、現場にフィットした知恵を盛り込まない限り予期せぬ適応不全を引き起こします。成果主義を導入した多くの企業で当初の目的を達することなく、従業員のやる気を削いでいます。成果主義が機能しない理由とモチベーション高く働ける職場づくりに必要なポイントを徹底的に解説いたします。


◆まとめ 16:20〜16:30 【質疑応答及びアンケート記入】
内容
詳細資料
備考 Webでお申し込みいただきましたら、セミナー開催1週間前頃にメールで受講票をお送りいたします。受講票を印刷し、当日は受講票を受付にご提示ください。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局:松岡(マツオカ)
TEL: 092-286-1943FAX: 092-751-1035
福岡市中央区天神1-4-2 エルガーラ