主催:
有限責任監査法人トーマツ
証券会員制法人 札幌証券取引所 
日時:
2015年2月16日(月) 13:00〜15:00  (開場 12:30)
申込期間:2015年2月3日(火)〜2015年2月13日(金)
2014年12月12日にコーポレートガバナンス・コードの策定に関する有識者会議(第8回)が実施され、コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)が公表されました。1ヶ月かけてパブリックコメントを受け付けた上で確定し、2015年6月1日施行を予定しています。
本セミナーにおいては、2014年12月12日に公表されたコーポレートガバナンス・コードの考え方(案)の逐条解説を行います。また、現状における各種開示要請(有価証券報告書の「コーポレートガバナンスの状況」、東京証券取引所の「コーポレートガバナンスに関する報告書」等)と比較した上で、今後企業として対応すべき事項を解説します。金融庁・東証コーポレートガバナンス・コードに従った体制・開示が出来ているかどうか簡易診断するためのチェックリストも当日配布予定です。

開催概要

会場
〒060-0061 北海道 札幌市中央区南1条西5丁目14-1 
TEL: 011-241-6171
地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅 1番出口(昭和ビル)から徒歩2分
参加費 無料
定員 70名
対象 各企業の経営企画、コンプライアンス、IRをご担当の責任者・担当者
内容 ■ 金融庁・東証コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)の解説
2014年12月12日に公表されたコーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)の解説を致します。本セミナー案内以降に、パブリックコメント用に基本的な考え方(案)が変更された場合には、最新の案に基づいて解説します。

■ 金融庁・東証コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)に従った対応
金融庁・東証コーポレートガバナンス・コードの基本的な考え方(案)と、現行における要請事項(有価証券報告書、東証コーポレートガバナンス報告書等)を比較し、企業として対応すべき事項を解説します。金融庁・東証コーポレートガバナンス・コードに従った体制・開示が出来ているかどうか簡易診断するためのチェックリストを使いながら解説します。
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票等ご案内させて頂きます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局 担当:高橋 / 岡
TEL: 011-271-2035FAX: 011-271-2363
札幌市中央区北5条西6丁目2−2 札幌センタービル24F