主催:
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
    EMCジャパン株式会社     
日時:
2015年3月13日(金) 14:00〜17:00 (開場 13:30)
申込期間:2015年2月12日(木)〜2015年3月11日(水)
協賛:テクマトリックス株式会社

いまや企業にとってITを抜きにビジネスを語ることはできません。また企業集団のグローバル化や国内外企業のM&A、さらにはクラウドやBYODへの対応など企業の情報システムのあり方も変化しています。一方でサイバーアタックなどの脅威の増大などによりITリスクの効果的な対応策への関心も高まっています。このような状況の中でITリスクへの確実な対応とともに企業におけるITの価値を高める取り組みとしてITガバナンス態勢の構築への関心が高まっています。
本セミナーでは、企業の価値創出を目的としたITガバナンス態勢の実現策としてのGRC(ガバナンスリスクコンプライアンス)の活用について、東京海上日動システムズ様での具体的な取り組みをご紹介いただき、さらにGRCソフトウェア(RSA Archer)を利用した海外事例、そしてGRCソフトウェア導入を含めた効果的なITガバナンス構築アプローチについてご紹介します。

開催概要

会場
〒108-0075 東京都 港区港南 1-9-36 アレア品川 5F
参加費 無料
定員 200名
対象
内容 ≪14:00〜14:10≫ 
■ご挨拶

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
代表取締役社長/パートナー
丸山 満彦

≪14:10〜14:40≫ 
■ステークホルダーへの価値創出を目指すITガバナンスの実現にむけて
  東京海上日動システムズのGRCへの取り組みとその効果

東京海上日動システムズ株式会社
GRC支援部 兼 経営企画部
上級エキスパート
稲葉 裕一 氏

≪14:40〜15:30≫
■適切なITリスク管理による意志決定力の強化
  〜経営判断を揺るがすサイバー脅威に立ち向かう

EMCジャパン株式会社
RSA事業本部
事業推進部
ビジネスディベロップメントマネージャー
松島 伸恵 氏

≪15:30〜16:00≫
■休憩 (デモンストレーション)

≪16:00〜16:50≫
■継続的なガバナンスの定着アプローチ
  〜GRCソフトウェアを活用したITガバナンス構築のポイント〜

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
マネジャー
渡部 豊

≪16:50〜17:00≫
■ご挨拶

EMCジャパン株式会社
RSA事業本部
事業本部長
貴島 直也 氏

■デモンストレーションコーナー
トーマツGRCソリューションテンプレート
「RSA Archer活用したITガバナンスの見える化アプローチ」
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 担当:稲垣 / 中野
TEL: 03-6213-1113FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル