主催:
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
日時:
2015年3月25日(水)14:30〜16:30
申込期間:2015年2月20日(金)〜2015年3月23日(月)
近年、外部委託先が関係したインシデントにより、顧客に影響を及ぼす事例が散見され、外部委託先管理の実効性の向上が注目されています。
外部委託先管理は態勢については、システムリスク管理の枠組みの一環として統制環境を整備・推進を進めてきたものの、その効果について不安を頂く企業も多いのではないでしょうか。

金融庁(平成26事務年度 金融モニタリング基本方針)においても、情報セキュリティ管理の観点で委託先、再委託先について言及されており、今後注視すべき領域となっています。
また、クラウドリスクについては、昨年の秋に、FISCから「金融機関におけるクラウド利用に関する有識者検討会報告書」が発表され、今後のリスク管理の新たな課題として注視されています。

本セミナーでは、これらの外部環境をふまえ、多様化するリスクを効果的に管理するためのポイントについて概説します。

開催概要

会場
〒103-0028 東京都 中央区八重洲1-3-7 八重洲ファーストフィナンシャルビル 3F
参加費 無料
定員 50名
対象
内容 14:30〜14:40
ご挨拶

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
パートナー 大沼 靖秀

14:40〜15:25
クラウド環境を積極活用するために
・クラウドリスク管理のポイント

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
シニアマネジャー 酒井 慎

15:25〜15:35
休憩

15:35〜16:20
外部委託先モニタリングの課題と効率化
・外部委託先管理を取り巻く環境の変化
・これからの委託先モニタリング

有限責任監査法人 トーマツ
シニアマネジャー 田宮 秀樹

16:20〜16:30
質疑応答
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 担当:稲垣/中野
TEL: 03-6213-1113FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル