主催:
トーマツ ベンチャーサポート株式会社
スタートアップ都市推進協議会 
日時:
2015年3月18日(水) 19:00〜22:00 (受付開始 18:30)
申込期間:2015年2月23日(月)〜2015年3月17日(火)

【更新情報】
1.定員を150名に増員しました。
2.会場が「ベルサール西新宿 8階 room6」に変更になりました。
3.土屋有氏(株式会社アラタナ 執行役員)の登壇が決定いたしました。              


この度、トーマツベンチャーサポート株式会社は、下記要領にて地方創生に向けて、地域活性化や地方のしごとづくりに取り組むベンチャー企業を紹介する「地方創生・ベンチャー会議」を開催致します。
現在、人口減少問題並びに東京一極集中が日本の主要課題として認識され、安倍内閣は政府に新組織「まち・ひと・しごと創生本部」を発足、いわゆる「地方創生」プロジェクトに重点的に取り組み始めました。「まち・ひと・しごと」において“しごと”が重要視されており、いかに地方に魅力ある雇用を生み出していけるかという点が本質的な課題となっています。
このような背景を受けて、地方に魅力的な雇用を生み出しているベンチャー企業に加え、地域活性化に積極的に取り組んでいるベンチャー企業の取り組みを広く周知することを目的とし、弊社は「地方創生・ベンチャー会議」を開催いたします。

開催概要

会場
106-0023 東京都 新宿区西新宿4-15-3 住友不動産西新宿ビル3 号館2・8F
TEL: 03-3320-2611
・都庁前駅 A5出口徒歩4分(大江戸線)
・西新宿五丁目駅 A2出口徒歩6分(大江戸線)
・西新宿駅 2番出口徒歩12分(丸ノ内線)
・新宿駅 7番出口徒歩13分(新宿線・大江戸線)
・新宿駅西口徒歩15分(JR線・小田急線・京王線)
・新宿駅B14出口徒歩15分(丸ノ内線)

※近隣のベルサール新宿セントラルパーク・ベルサール新宿グランドとお間違えのない様お気をつけください。
参加費 無料
定員 150名(定員になり次第、締め切らせていただきます。)
対象 地方に関わる仕事に興味がある方、U/Iターンや就職転職を考えている方、地方創生に関わる官公庁・地方自治体職員、地方創生に興味関心のある企業、地方ベンチャー企業等に興味のあるメディア、投資家 等
内容 ■基調講演
「スタートアップが創る地方創生 〜横須賀から始まるロールモデル〜」

 横須賀市長  吉田 雄人 氏

■パネルディスカッション
「ベンチャー社長が地域を創る」

 面白法人カヤック 代表取締役CEO  柳澤 大輔 氏(神奈川県鎌倉市)
 株式会社ヌーラボ 代表取締役  橋本 正徳 氏(福岡県福岡市)
 株式会社サイファー・テック 代表取締役  吉田 基晴 氏(徳島県美波町)
 株式会社アラタナ 執行役員 土屋 有(宮崎県宮崎市)

■休憩

■パネルディスカッション
「地方創生に向けた新しい人の流れと起業」

 合同会社paramita 代表  林 篤志 氏(高知県高知市土佐山地区)
 NPO法人まちづくりGIFT 代表理事  齋藤 潤一 氏(宮崎県)
 株式会社サーチフィールド 取締役/FAAVO事業責任者  齋藤 隆太 氏
 シナプテック株式会社 代表取締役  戸田 達昭 氏(山梨県)

■休憩

■情報提供
「地方創生に向けたトーマツベンチャーサポートの取り組み」
 
 トーマツベンチャーサポート株式会社 政策事業部長  佐藤 史章

■名刺交換
内容
詳細資料
備考 ■登壇者が行う活動紹介(登壇者プロフィールは「ご案内状」をご覧ください)

・横須賀市長 吉田 雄人 氏
最先端の研究と青い海・豊かな緑が共存するまち横須賀でスタートアップ! 「ヨコスカバレー構想」
http://yuto.net/?p=2527
情報通信関連産業分野の研究施設が集まる横須賀リサーチパーク(YRP)を中核とし、市内の空き家などにベンチャー企業の誘致や起業促進を図る。
横須賀市は人口の市外流出が深刻で、米シリコンバレーのようなベンチャー企業の集積を目指す。


・面白法人カヤック 代表取締役CEO 柳澤 大輔  氏
この街を愛する人を、ITで全力支援!「カマコンバレー」
http://kamacon.com/
「この街を熱くしたい人をITで全力支援します。」をコンセプトに集まった企業や個人から成る団体。鎌倉で活躍する人や企業をITを使って応援する活動を行っている。メンバーも当初の7社から、法人17社、個人51人までに増え、定例会には100人以上が関わっている。


・株式会社ヌーラボ 代表取締役 橋本 正徳 氏
福岡から世界へ! テクノロジーとクリエイティブの祭典「明星和楽」
http://2014.myojowaraku.net/tw/about
2011年11月、2012年9月の過去2回、福岡で開催されたテクノロジーとクリエイティブの祭典「明星和楽」。
「明星和楽」を通じて職業、国境、人種など様々な隔たりを超えて、クリエイティブな交わりや繋がりを増やしていき、個人や企業が繋がりあうプラットフォームのグローバル化を計ろうとしている。
2014年には「台湾」で開催され、5,000人を超える来場者がこのイベントを訪れ大盛況となった。


・株式会社サイファー・テック 代表取締役
株式会社あわえ 代表取締役 吉田 基晴 氏
新しい働き方「半x半IT」を掲げるサテライトオフィス「美波Lab」
http://www.cyphertec.co.jp/minami/
2012年5月に徳島県美波町にサテライトオフィス「美波Lab」を開設。新しい働き方・暮らし方として、自然豊かな地域でアウトドアなどの趣味を存分に楽しむことで、常にリフレッシュした状態で業務に取り組んだり、時間の使い方を意識したりするなど、趣味や地域での活動と業務とを両立させるスタイル「半×半IT(×は個人の趣味や生活)」を提唱。


・株式会社アラタナ 執行役員 土屋 有 氏
「宮崎に1,000人の雇用をつくる」宮崎発ベンチャーの挑戦!
http://www.aratana.jp/
「宮崎に1,000人の雇用をつくる」を経営理念として、宮崎で付加価値のあるものづくりができる1,000人の雇用を目指している。拡大するeコマース市場に特化した技術、サービスづくりを行ってるが、東京のカルチャーを第一線で発信するhoneyee.com、fatale.を運営するハニカム社や、24歳の天才ハッカーが代表を務める技術者集団ゲヒルンをグループにおさめ、その進化は”宮崎だから”という言い訳をすることなく、独自の進化を続けている。

・合同会社paramita 代表
 NPO法人土佐山アカデミー Co-Founder 林 篤志 氏
過疎地域特化型・起業家養成プログラム「EDGE CAMP」
http://edgecamp.jp/
典型的な過疎地域の一つである土佐山(高知市土佐山 / 人口970人)をフィールドに、既に先陣を切って各地で活躍する起業家たちがメンター・アドバイザーとして加わり、「過疎地特化型の起業家養成」という新たな試みを実施。


・NPO法人まちづくりGIFT 代表理事 齋藤 潤一 氏
宮崎から新しい資本主義をつくる「まちづくりGIFT」
http://giftstotheearth.com
宮崎の伝統工芸である飫肥杉産業を支援する人々から、325万円の支援金をいただき、宮崎県日南市の地元工芸品「obisugi-design」や関連する木工製品を開発し、ニューヨークで開催される世界最大級のギフトショー「NY NOW(ニューヨークナウ)」に出展。
また、天照大御神(あまてらすおおみのかみ)が身を隠された時に、神様が企画会議を行った伝説が残る天岩戸神社(宮崎県高千穂町)にて、「宮崎ワケモン会議(http://visit.miyazaki.jp/?page_id=11926)」を開催。


・株式会社サーチフィールド 取締役 / FAAVO事業責任者 齋藤 隆太 氏
地域×クラウドファンディング「FAAVO」
https://faavo.jp/
「出身地と出身者をつなげる」をコンセプトに、"地域を盛り上げるプロジェクト"に特化したクラウドファンディングサービス「FAAVO」を運営。地元の自治体・企業・NPOさんをエリアオーナーとして共同運営を実施し、全国32エリアに展開。


・シナプテック株式会社 代表取締役 やまなしの翼プロジェクト 代表 兼 プロデューサー 戸田 達昭 氏
学びあいをベースとした地域づくりモデル「やまなしの翼プロジェクト」
http://wing.yyproject.jp/prof.html
マルチステークホルダーによる連携・協働にて、山梨県内の各地域における課題解決に向けた様々な取り組みを展開中。
山梨県内で新たに事業を始めてみたいと考えている方を応援するため、地域資源を活用したビジネスプランづくりを支援する「Mt.Fujiイノベーションキャンプ(http://y-startup.org/)」を開催。

お問い合わせ

トーマツ ベンチャーサポート株式会社
前田 亮斗
TEL: 03-6213-2000FAX: 03-6213-1265
東京都千代田区丸の内1−11−1 PCPMビル