主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年4月21日(火)14:00〜16:30(受付13:30〜)
申込期間:2015年2月25日(水)〜2015年4月20日(月)
平成25年度の医療費は前年比2.2%増の39.3兆円に達し、高齢化は今後も進行し、医療費が増大していくことは明白です。保険料収入や国庫負担(平成27年度は3%増の3,258億円)などの公費で医療保険の均衡を保っていることは言うまでもありません。医療費の負担増に対応し、限りある資源を有効活用するために、医療保険者の給付適正化や給付抑制のための保健事業の推進が必要といわれています。
「国民健康保険法に基づく保健事業の実施等に関する指針」(平成26年厚生労働省告示第140号)において、「保健事業の実施計画(データヘルス計画)の策定、実施及び評価」が追記されました。これより、国民健康保険者は、計画策定、実施、評価を行い健康施策実施による医療費抑制が求められています。従来の保健事業、特定健診・特定保健指導に加え、国保データベースシステム(KDBシステム)の導入をし、断片的な分析を行っている保険者も多いと思いますが、データヘルス計画では、それらを紐付け、総合的な保健事業を効率的に実施することが求められます。
この度、有限責任監査法人トーマツでは、データヘルス計画策定業務の遂行にあたり注意すべきポイントや、ビックデータ分析などを鑑みたデータ分析のポイント、医療レセプト・介護レセプト・特定健診結果などのエビデンスに基づいた健康管理計画の立案や実施、事業主・企業との協働事業の支援など事業開始にあたり必要なポイントなどにつきまして、
下記の要領にてセミナーを開催する運びとなりました。
ご多忙とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17階
◆JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
◆有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 80名(ご同業者の方、もしくはお申込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。)
対象 市町村・特別区の国民保健ご担当の方、特定保健指導・地域保健福祉などの保健事業ご担当の方
内容 ■日時及び内容
2015年4月21日(火)14:00〜16:30(受付開始 13:30〜)

■講義内容
・KDBシステムも活用したデータヘルス計画のデータ分析のポイント
・効果的な保健指導のためのデータヘルス計画策定について

■講 師
有限責任監査法人トーマツ

マネジャー 折本 敦子 グレイス
マネジャー 梅村 哲資  
内容
詳細資料
備考 ※東京会場の開催日は3月16日→4月21日(火)に変更になりました。
お申込受付後、受講票のご案内をさせていただきます。
開催一週間前までに案内がない場合は、お手数ですが事務局までお問合せください。
お申込みの際は1名様ごとに登録をお願いいたします。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
東京会場事務局 担当 飯島
TEL: 03-6213-1660FAX: 03-6213-1625
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル