主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
    有限責任監査法人 トーマツ
    税理士法人 トーマツ
日時:
2015年4月15日(水) 13:00〜17:00 (受付開始 12:30〜)
申込期間:2015年3月24日(火)〜2015年4月13日(月)
中国のGDP成長率目標は2015年に入り7%前後に引き下げられ、中国経済は「新常態」に入ったと位置づけられました。経済成長は緩やかに減速しているものの、人件費の継続的な上昇や、近年の急激な円安傾向の影響により、多くの中国進出企業が厳しい経営環境に置かれている状況となっています。「世界の工場」としての役割から急激にその姿を変える中国において、現地法人の合理化は喫緊の課題であると考えられます。
また、中国の現政権において公務員・民間を含め広く汚職・腐敗の防止が謳われ、実際の摘発事例も頻発していますが、現地法人での不正は本社のレピュテーションを大きく揺るがすクリティカルな要素となっています。

開催概要

会場
東京都 千代田区有楽町1−7−1 有楽町電気ビル北館 17F
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 80名(1社2名様程度まで)
  ※お申込が定員を超えた場合には、お断りする場合もありますので、ご了承ください。
対象
内容 【13:00〜13:05】
セミナー開催にあたってのご挨拶
デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー合同会社
福島 和宏

【13:05〜13:35】
オープニングトーク「中国の投資環境について」
有限責任監査法人 トーマツ
三浦 智志

【13:35〜14:35】
中国現地法人の再編・撤退の実務と典型論点
デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー合同会社
北村 史郎

【14:35〜14:45】 休憩

【14:45〜15:45】
中国現地法人の再編・撤退に関する税務
税理士法人 トーマツ
大久保 恵美子

【15:45〜16:45】
中国現地法人での不正とその兆候
デロイト トーマツ ファイナンシャル アドバイザリー合同会社
Prevost 真由美

【16:45〜17:00】 全体を通した質疑応答
内容
詳細資料
備考 お申込み受付後、セミナー開催1週間前までに受講票をご案内いたします。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180FAX: 03-6213-1085
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル