主催:
有限責任監査法人トーマツ
税理士法人トーマツ 
日時:
2015年5月29日(金)13:30〜16:30
申込期間:2015年5月8日(金)〜2015年5月28日(木)
2013年5月に成立した「行政手続における特定の個人を識別するための番号」の利用等に関する法律(以下「番号法」という。)では、個人番号の民(個人)−民(事業者)−官(行政機関等)での流通を前提として、「所得のより正確な捕捉」が制度導入の目的の一つとしてあげられています。
そのため、事業者(民間企業)は、税務当局への法定調書の提出の際に、従業員の個人番号を追記するなど業務フローの変更を含め、数々の対応を行う必要があります。また、番号法に基づき、個人番号は利用目的の範囲内でのみ利用可能な番号であることから、企業には様々な規制が課され、違反者には罰則が科されることになります。また、2014年12月11日に特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)が公表され、実施すべき具体的な指針として、活用されています。
本セミナーでは、5カ月先に迫った2015年10月(住民に対する番号通知)のタイムリミットを見据え、マイナンバー制度の概要、企業に必要不可欠な対応等について、ガイドライン(事業者編)の内容を踏まえ、実務上のポイントを解説いたします。

開催概要

会場
〒900-0004 沖縄県 那覇市銘苅2-3-6
TEL: 098-941-7000
モノレール古島駅より徒歩8分、那覇市新都心銘苅庁舎隣
参加費 無料
定員 80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象
内容 【マイナンバー制度と企業の対応】
・マイナンバー制度の概要、企業に求められる対応等、制度開始までに実施すべき内容を最新の制度動向や実務上のポイントを織り交ぜながら解説します。
 有限責任監査法人トーマツ エンタープライズ リスク サービス
  マネジャー 小峰 英篤

【マイナンバー制度と税務業務】
・税務業務におけるマイナンバー制度の対応方法、想定される課題、事前に企業が準備すべき事項などを解説します。
 税理士法人トーマツ
アシスタントマネジャー 仁藤 秋彦
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
那覇事務所 北村 中嶋
TEL: 098-866-1459FAX: 098-866-8691
〒900-0015 沖縄県那覇市久茂地2-9-7 住友生命那覇久茂地ビル9階