主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年7月2日(木) 9:30〜17:30
申込期間:2015年6月1日(月)〜2015年6月26日(金)
中国では景気の減速やシャドーバンキング問題、経済格差の拡大や、環境汚染といった問題が山積しています。一方において、サービス業を中心に外資に対する一段の規制緩和や中間所得者層の台頭による中国市場における新たな商機の拡大が見られる等、外資企業の中国ビジネス環境は日々、進展および複雑化しています。近年は、労務コストの上昇やアセアン諸国・インド等の周辺諸国の台頭を受け、中国ビジネスの位置付けを再考すべき時期に来ているとの問題意識をお持ちの企業も多くなってきました。このような事業環境のもと、中国の既存事業の継続的な発展を実現するための最新かつ正確な情報に基づく戦略策定が、これまで以上に重要なテーマとなっています。

今回のセミナーでは、オープニングトークとしてデロイト中国で実務に携わる駐在員による現地レポート、有限責任監査法人トーマツ・税理士法人トーマツの専門家による、中国の会計・税務の基礎から応用までをカバーする講義を予定しています。また、午後にはトーマツ各分野の専門家による中国の組織再編をテーマとしたパネルディスカッションを予定しています。更に、中国子会社における実際の不正事例を考察することで中国子会社のリスク管理に資するプログラム構成としています。

今回のセミナーを、各企業管理者、中国赴任予定の皆様の実践的な知識習得の機会として、是非お役立てください。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 1名様 20,000円(資料代、税込)
《資料》講義で使用する日中対訳形式の書籍『企業会計準則及び応用指南』『企業会計準則 応用指南付録』『企業会計準則 2014年改訂 増補版』一式を謹呈いたします。
《お支払方法》 お申込み後に請求書を送付いたします。銀行振込にてお願いいたします。
定員 80名 (ご同業者の方、もしくはお申込みが定員を超えた場合、お断りする場合もありますので、ご了承下さい)
対象 日本本社で現地法人の管理を担当されている方/中国赴任予定の方/対中投資を検討している方 など
内容 <9:30〜9:35> 開会のご挨拶

<9:35〜10:10> オープニングトーク:中国投資環境最新レポート
駐在員による現地レポート

<10:10〜11:10> 中国の税制の概要とポイント
企業所得税、個人所得税、増値税、営業税など

<11:10〜11:20> 休憩

<11:20〜12:30> 中国税務アップデート
PE課税/中国におけるBEPSと移転価格税制など

<12:30〜13:30> 昼食休憩

<13:30〜15:10> 中国における組織再編
各分野の専門家によるパネルディスカッション

<15:10〜15:20> 休憩

<15:20〜16:40> 中国の会計
新企業会計準則改訂の状況、IFRSとの相違点と決算上の留意点

<16:40〜17:20> 中国子会社をめぐるリスク管理
不正事例研究

<17:20〜17:30> 質疑応答、閉会のご挨拶

*講義終了後10分間の休憩をはさみ、講師陣とお話しいただける懇親会を予定していますので、是非ご参加ください。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
江川 由美子 / 西村 美香
TEL: 03-6720-8341FAX: 03-6720-8346
〒108-6221 東京都港区港南2-15-3 品川インターシティC棟