主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年7月24日(金)13:30〜17:00
申込期間:2015年6月17日(水)〜7月22日(水)
ビジネス環境の変化や競争が激化するなか、経営者は企業が抱える様々な経営課題の解決に資する経営基盤を必要としています。従って、経営基盤の一要素であるシステムの構築は、企業が抱える経営課題を解決するための取り組みの一環として捉えられるべきです。しかし、本来解決すべき経営課題との紐付けや他部門での取り組みなどが考慮されておらず、特定部門の課題を解決するためだけのシステム構築となってしまっているケース、課題解決のために必要となるシステム要件の明確化や制度・業務面の施策との連携が不十分なケースなどが見られます。これらのケースでは、システムは稼動したものの、経営者の期待に応える課題解決が実現できず、多額の投資に見合う効果が享受できない結果につながっています。このような結果を回避するためには、取り組みの立ち上げからシステム稼動後の業務運用の期間にわたって、経営、業務、システムの3つの視点を統合させたプロジェクトの推進が必要となってきます。
当セミナーでは、3つの視点を統合させる意味とその効果、これらを踏まえたプロジェクトマネジメントの考え方、実務において3つの視点が統合している事例についてご紹介いたします。

開催概要

会場
〒450-8530 愛知県 名古屋市中村区名駅三丁目13番5号 名古屋ダイヤビルディング3号館
TEL: 052-565-5082
参加費 無料
定員 60名 (定員になり次第締め切ります)
対象 ・経営企画をご担当の責任者・担当者、経理部門のシステム企画責任者・担当者・情報システムの企画・運営・管理等をご担当の責任者・担当者
内容 【セッション1】
経営基盤としてのシステムを実現する3つの視点統合とは
【セッション2】
3つの視点統合を実現するプロジェクトマネジメント
【セッション3】
プロジェクト推進上の各局面における3つの視点統合のポイント
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
名古屋事務所 セミナー事務局 藤掛・山本
TEL: 052-565-5082FAX: 052-569-2396
名古屋市中村区名駅三丁目13番5号 名古屋ダイヤビルディング3号館有限責任監査法人トーマツ