主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年7月21日(火)13:30〜17:00
申込期間:2015年6月17日(水)〜2015年7月16日(木)
<本セミナーの特徴>
・ 総合計画策定の全体設計、住民とのコミュニケーションの取り方、計画の進行管理に至るまで幅広い内容でセミナーを行います。今後計画の策定を予定されている自治体様だけでなく、策定後、進行管理に不安のある自治体様にも参考となるセミナーです。
・ 少子高齢化や逼迫した財政状況の中、より戦略的で実行性のある総合計画とするためのポイントについて、総合計画策定や行政評価導入、その他行革プラン策定支援等の豊富な実績をもつ弊法人のコンサルタントが、実例を交えながら丁寧に説明します。

経済の低成長、少子高齢化の進行、逼迫した財政状況という、これまでの自治体経営が前提としてきた社会構造とは正反対の状況が広がっています。このような、社会構造の大きな転換点においては、自治体は誰も取り組んだことのない課題と対峙することになり、今後の地域経営を進めるうえで、大きな発想の転換が求められています。また、現在各自治体で策定が進められている地方版の人口ビジョンおよび総合戦略では、5年後の基本目標を示すことになっており、今後の総合計画策定ではこれとの整合を図る必要があります。
このような状況下での計画策定は、自治体が中長期的な視点をもち戦略的に地域経営を行う存在に転換する絶好の機会です。
総合計画を“画に描いた餅”ではなく、地域経営の羅針盤として機能させるためには、策定プロセスをどう設計すべきか、総合計画の策定段階での住民とのコミュニケーションをどう図るのか、また、総合計画をどのように進行管理すればよいのかなど、総合計画の策定に関して担当者が悩まれている自治体も多く見受けられます。
そこで当セミナーではこれらの悩みに対する“処方箋”を、総合計画策定及び行政評価導入について豊富な支援実績をもつ弊法人のコンサルタントがお示しいたします。

開催概要

会場
東京都 千代田区永田町1-11-35
参加費 無料
定員 120名
対象
内容 13:00〜 受付

13:30〜14:20 第1部 『総合計画策定の全体設計』
         講師:有限責任監査法人トーマツ 堀井 敬太/政策科学修士

14:20〜14:35 休憩

14:35〜15:25 第2部 『住民とのコミュニケーション戦略』
         講師:有限責任監査法人トーマツ 伊加田 直孝

15:25〜15:40 休憩

15:40〜16:40 第3部 『総合計画策定を契機としたマネジメントサイクルの確立』
          講師:有限責任監査法人トーマツ 宗和 暢之/公認会計士

16:40〜17:00 質疑応答等
当セミナーの内容についてのご質問に加え、貴自治体での総合計画策定、行政評価、行政改革などの取組みに関するお悩みなどについて、ご質問を承ります。また、個別のご相談・ご質問には17時以降も対応致します(事前に質問を頂ければ、貴自治体の実態を踏まえ、対応いたします)。
※事前質問窓口: pshc_seminar@tohmatsu.co.jp
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
総合計画策定セミナーセミナー事務局 杉原、水谷
TEL: 03-6213-1251FAX: 03-6213-1255
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル