主催:
有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年7月1日(水)14:00〜15:15
申込期間:2015年6月18日(木)〜2015年6月30日(火)15:00
去る6月8日にバーゼル委員会より、市中協議案「銀行勘定の金利リスク」が公表されました。
「銀行勘定の金利リスク」、すなわち、トレーディング勘定以外の国債並びに貸出金及び預金に関する金利リスクについては、銀行経営上の重要度は高いものの、画一的な取扱いが困難なため、自己資本比率規制(「第1の柱」)の枠外において、個別の銀行監督(「第2の柱」)を通じて捕捉する枠組み、アウトライヤー規制により捕捉されています。
今回の市中協議案においては、枠組みの大幅な変更を含めた提案がなされています。すなわち、ゞ箙坿定の金利リスクを自己資本比率規制の対象とする、⊇祥萃未蝓◆崑2の柱」で捕捉することとするものの大幅な強化を図る、という2つのオプションが示されています。
本邦の金融機関にとって、銀行勘定の金利リスクは信用リスクと並ぶ中核的なリスクとなっており、自己資本比率規制の対象となった場合には、その影響は無視できない可能性があると考えられます。また、たとえ「第2の柱」として継続された場合であったとしても、枠組みが強化される中で、体制の整備に向けた取組みは必須であるものと考えられます。
斯かるなかでトーマツは、「(速報)バーゼル規制/銀行勘定の金利リスクに関する市中協議案の概要」と題したセミナーを開催いたします。金融機関の自己資本比率算定のご担当者様若しくは銀行勘定の金利リスク管理のご担当者様に有益なものとするべく、準備いたしております。
ご多忙中、また非常にタイトなスケジュールでのご案内となりますが、万障お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館
参加費 無料
定員 80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象
内容 バーゼル規制/銀行勘定の金利リスクに関する市中協議案の概要
(講師:シニアマネジャー 浅井太郎、マネジャー 飯野直也)
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票等をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
金融インダストリーグループ セミナー事務局
TEL: 03-6213-1163FAX: 03-6213-1186
東京都千代田区丸の内3-3-1