主催:
デロイト トーマツ税理士法人
Deloitte Touche Tohmatsu Certified Public Accountants LLP
    有限責任監査法人トーマツ
日時:
2015年10月30日(金) 13:30〜16:30
申込期間:2015年9月8日(火)〜2015年10月29日(木)
※定員になり次第、お申込みを締め切らせていただきます。
毎年ご好評をいただいておりますDeloitte Touche Tohmatsu Certified Public Accountants LLP(デロイト中国)との共催による 「中国税務アップデートセミナー」を、本年度も下記要領にて追加開催いたします。

中国税務に関わる最近の動きとしては、OECD/G20が進める「税源浸食と利益移転(BEPS)」プロジェクトの動きを受けた、移転価格税制を含む租税回避防止措置のさらなる執行強化、組織再編に関する新しい規定の公布、従来から続く全国的な税関調査の実施、増値税改革試験の進展などがあります。中国においてビジネスを展開する日系企業にとって、中国税務に関わる法規および実務の最新動向を把握し、適切な対応をとることは、事業運営上の税務リスクを低減する上で、重要なことであるといえます。
本セミナーでは、デロイト中国およびデロイト トーマツ税理士法人の税務専門家が、中国の税務執行に関する最新動向および企業のとるべき対応策について、関連規定の解説とともに説明させていただきます。
ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上ご参加いただけますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館17階
・ JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・ 有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅
  A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 150名  ※会場の都合上、原則1社2名様までとさせていただきます。申込多数の場合には抽選とさせていただきますことを予めご了承ください。
対象
内容 中国の税務執行に関する最新動向
1. BEPSと中国の租税回避防止への取組み(移転価格税制を含む)
2. 組織再編税制
3. その他の論点−税関調査、増値税改革試験 など

※上記の内容は、若干変更になる可能性がありますことをご了承ください。
内容
詳細資料
備考 本セミナーと同じ内容のセミナーを10/26 (月)東京、10/27(火)名古屋、10/28(水)大阪で開催いたします。詳しくは、http://www.deloitte.com/jp/tax/china2015 をご参照ください。
※ただし、10/26の東京は受付終了。
なお、本セミナーは一般の方対象のため、会計事務所関係の方はご遠慮ください。

お問い合わせ

デロイト トーマツ税理士法人
東京事務所 セミナー運営事務局:足立 由紀子/児玉真津子
03-6213-3913・3944、または03-6213-3800(代表)050-3116-1105
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル5階