主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
日時:
2015年10月23日(金) 14:00〜17:30
申込期間:2015年8月24 日(月 )〜2015年10月16日(金)
近年、景気回復に伴い、起業家やベンチャー企業に資金が集まりやすい環境にあります。これに伴い、ベンチャー企業のExit(投資回収)の手法としてIPOが増加するとともに、M&Aも増加しています。大企業側でも、新規事業創出や既存事業拡大のために、ベンチャー企業との業務提携・資本提携、M&Aを実行・検討されている企業が増えています。最近では、積極的に投資するために、CVC(Corporate Venture Capital, 事業会社が持つ投資ファンド)を設立する企業も出てきました。
一方、経営者の高齢化に伴い、近い将来に事業承継(経営者の交代)を必要とする企業が増えています。後継者がいない企業にとって、M&Aによって他の企業の傘下に入ることは、事業継続し、さらなる発展のための有効な選択肢のひとつと考えられます。日本企業の多くは、中小規模の企業であるため、今後も投資・M&Aの機会は増えるものと予想されます。
今回、「M&A実務セミナー 事例で学ぶ中小規模のM&A」と題しまして、下記の内容のセミナーを開催します。 この分野に詳しい弁護士の方をお招きし、法的な観点からも解説します。本セミナーは、中小規模の企業への投資・M&Aをご検討されている企業にとって参考情報として役立てていただけるのではないかと思料しています。



開催概要

会場
東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館 17F有楽町電気ビルセミナールーム 17-06
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線
 日比谷駅 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 70名(1社2名様程度まで)
※お申込が定員を超えた場合には、お断りする場合もありますので、ご了承ください。
対象 経営企画部門/法務コンプライアンス担当部門の担当者、管理者および責任者
内容 ■14:00〜14:05
セミナー開催にあたってのご挨拶

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
萩谷 和睦

■14:05〜15:05
ベンチャー企業のトレンドとM&A
・オープンイノベーション/新規事業開発におけるベンチャーM&Aについて
・ベンチャー企業のトレンドについて

トーマツ ベンチャーサポート株式会社
上森 久之

■15:05〜15:10 休憩

■15:10〜16:10
事業承継の現状とM&Aの活用の留意点
・事業承継を取り巻く環境とM&Aについて
・事業承継を含めた非公開企業のM&Aの留意点について(実例を交えて)

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
熊谷 元裕

■16:10〜16:15 休憩

■16:15〜17:15
中小規模M&Aにおける法的留意点 
・VC出資先企業や同族企業の特性を踏まえたストラクチャリングの重要性
・法務DDの際の留意点(種類株式や投資契約の利用実務の理解の重要性)
・事例を踏まえた契約交渉実務のポイントの説明

■TMI総合法律事務所
盡 達広 氏
上田 円 氏

■17:15〜17:30 全体を通じたQ&A等

内容
詳細資料
備考 ※受講票は、セミナー開催1週間前を目処にお送りいたします。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル