主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
    ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所 
日時:
2015年10月30日(金)14:00〜18:30
申込期間:2015年8月31 日(月 )〜2015年10月26日(月)
近年、少子高齢化等などにより、将来的に日本のマーケットが縮小傾向にある状況の下、企業の経営戦略において海外進出は優先度が高い施策のひとつであり、多くの日本企業が海外に進出、あるいは進出を検討されています。特に最近では、経済成長が期待できる東南アジア地域へ進出する企業が増えています。海外進出にあたり、M&Aは効果的かつ効率的な手段の一つです。ただし、日本とは環境や文化が異なることから、海外(クロスボーダー)M&A実行にあたって知っておくべき基本的事項や、気をつけるべきポイントがあります。
今回、「M&A実務セミナー クロスボーダーM&Aの基本」と題しまして、下記の内容のセミナーを開催します。特に東南アジアにおけるM&Aの経験の豊富な弊社及びハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所の専門家が、ディール実行にあたって重要な基本的事項について解説します。本セミナーは、クロスボーダーM&Aを既に実行された企業だけではなく、今後ご検討されている日本企業にとっても、参考情報として役立てていただけるのではないかと思料しています。

※本セミナーは全て日本語で行います。


開催概要

会場
大阪府 大阪府大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング
・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 10番出口直結
・京阪本線 淀屋橋駅 3番出口より徒歩1分
・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 5-A出口より徒歩6分
参加費 無料
定員 140名
対象
内容 ■14:00〜14:05
セミナー開催にあたってのご挨拶
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

■14:05〜14:20
M&Aライフサイクル
・戦略立案からディール実行、統合のプロセス
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

■14:20〜15:00
財務デューデリジェンス・法務デューデリジェンス
・各デューデリジェンスの内容
・典型的な発見事項への対応
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所

■15:00〜15:10 休憩

■15:10〜16:00
M&A実行プロセスにおける留意点、トラブルの原因及び対応策
・想定されるトラブルと対策
・ケーススタディ
ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所

■16:00〜16:10 休憩

■16:10〜17:00
M&A成功のため統合プロセス
・あるべき統合プロセス
・ケーススタディ
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社

■17:00〜18:30 懇親会
※お飲み物及び軽食を用意しますので、ぜひご参加ください
内容
詳細資料
備考 ※受講票は、セミナー開催1週間前を目処にお送りいたします。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局:岡 原
TEL: 06-4560-6043FAX: 06-4560-6036
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング