主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2015年10月28日(水)14:00〜16:25
申込期間:2015年9月25日(金)〜2015年10月21日(水)17:00
どの業界・どの組織でも古今東西、自分を守るために自分のテリトリーに籠城して、苦し紛れに平気で嘘をつく人々がいます。
しかし、長い目で見ると、そのような人たちはいずれ放逐されることは歴史が証明しています。
現代のように様々な経済・金融のベクトルが交差しあう「複雑系」の世界では、もはや、自らのコンフォタブル・ゾーンだけに留まっていては生き残れません。常に、そこからステップ・アウトして未来を創っていかなければ真の成功はつかめません。「未来は現在のみが創る」というマルコフ連鎖こそが「複雑系」の世界を生き残る唯一の方法です。
いま、我が国のヘルスケア業界は、アメリカなどから100年遅れ、群雄割拠の帝国主義の時代にあります。診療報酬という公定価格に守られ、医師法・医療法によって医師によるマネジメントを余儀なくされているため、一部の優秀な経営者を除き、病院等の経営は非効率で、労働分配率も医師に偏っています。医師は診療のプロであっても、マネジメントのプロではありませんし、そういう教育も審査も受けていません。つまり、ヘルスケアは、資源配分は非効率で、所得分配も不公正で、産業として未熟ということです。
かつて、”People of the Lie”という本がベストセラーになりました。同じ場所に立ちながら、真実を直観的に見渡せる人とそうではない人がいます。そうではない人は、自分自身に嘘をついているからだと言います。そのようなことにならないために、直観が冴えわたるような正しい情報をお伝えしたいと思います。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館
参加費 無料
定員 50名
対象 金融機関のヘルスケア・人事・研修ご担当者
内容 14:00-14:05 開会
14:05-15:05
         ・2025年に起こる本当はコワイ話
         ・表面上はわからない融資先の、増殖する病巣
         ・質疑応答
          シニアマネジャー 牛越 博文
15:05-15:20 休憩
15:20-16:20
         ・証券ファンドでヘルスケアがオーバー・ウェイトなワケ
         ・生命保険の活用も増加、高まる事業承継のニーズ
         ・質疑応答
          シニアマネジャー 牛越 博文
16:20-16:25 閉会
内容
詳細資料
備考 お申込み期間締め切り後、10月22日(木)より順次受講票等をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
金融インダストリーグループ セミナー事務局
TEL: 03-6213-1163FAX: 03-6213-1186
東京都千代田区丸の内3-3-1