主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2015年11月16日(月)14:30〜17:00
申込期間:2015年10月23(金)〜2015年11月13日(金)
地域金融機関の収益基盤は、今後、人口減少や相続による都市部への預金流出により縮小傾向になることが考えられます。一方で流通・インターネット業による他業種の参入もあり、収益規模を維持・拡大するために、地域金融機関においても域外への進出や新規事業への参入が見られるようになりました。
一方で、インターネットバンキング利用率の向上等の顧客チャネルの多様化、人が集まる場所の変化、法人顧客ニーズの高度化が進んだことにより、営業店の来客数は減少傾向にあり、フルバンキングの営業店は生産性の観点から見直しが迫られています。限られた人的資源を有効に活用するためには、顧客ニーズや地域環境の変化の把握を十分に行い、現状業務の見直しとともに必要人員を適切に分析し、新規事業へ投資すべきリソースを生み出す必要があります。
さらに、目指すべき要員体制が明確になれば、それに沿った人員を確保、教育、配置していく必要があり、そのための人事制度を再構築することで、持続的成長が期待できます。
本セミナーにおいては、地域金融機関が目指すべき要員体制を検討する際の参考情報を提供するとともに、その実現を助ける人事戦略・ワークスタイル変革について分かり易くお話しいたします。
ご多忙中とは思いますが、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒450-8530 愛知県 名古屋市中村区名駅三丁目13番5号 名古屋ダイヤビルディング3号館
TEL: 052-565-5082
参加費 無料
定員 40名 (定員に達し次第、締切ります)
対象
内容 ■セミナー
仝楜劵船礇優襪諒儔宗収益構造が激変する中、銀行組織の「陣形」をどう組み直すべきか

⊃靴靴け超函λ槁各組織への変革に向けた「人事中計」の作り方、ワークスタイル変革の考え方
  講師:デロイト トーマツコンサルティング株式会社 シニアマネジャー 大森 健一

■質疑応答及び意見交換会
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局  木村 知子
TEL: 052-565-5082FAX: 052-569-5548
名古屋市中村区名駅三丁目13番5号 名古屋ダイヤビルディング3号館 有限責任監査法人トーマツ