主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2015年12月15日(火)13:30〜16:00
申込期間:2015年11月10日(火)〜2015年12月14日(月)
我が国は現在、超高齢化社会のピークを迎える2025年に向けて、医療費抑制と医療安定供給の両立を目指し医療制度改革を推進しています。改革実現のポイントは、これまでの病院完結型医療から地域完結型による医療介護提供体制、すなわち「地域包括ケアシステム」へのシフトです。この地域医療の変革をリードしていくと期待される新たなプレイヤーこそ、本年9月の第189回国会で成立した「医療法の一部を改正する法律」で制定された「地域医療連携推進法人」であり、都道府県単位で策定される「地域医療構想(ビジョン)」はその道標となります。
有限責任監査法人トーマツでは、現在進行形で国が進める医療制度改革が病院マーケットに起こしうる変化と影響について整理させて頂き、(製薬、医療機器メーカ、その他医療周辺事業会社、新規参入企業といった)医療参入企業の皆様がこれから取りうる戦略的対応を実例を交えて解説します。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 無料
定員 40名
対象 医療機器・医薬品等メーカ、医療機器・医薬品等卸売企業、医療介護等ICTベンダー、医療介護サービス事業者、医療介護市場参入予定企業、ベンチャー企業で勤務される経営企画部門、マーケティング部門、営業部門のご担当者様、経営者様
内容 1.開催のご挨拶 13:30〜13:40
2.医療制度改革アップデート 13:40〜14:10
 〜読み解くポイントについて
3.病院機能変化と再編・統合 14:10〜14:50
 〜生き残りをかけた病院が取りうる選択肢
休憩 15:50〜15:00
4.医療参入企業が取りうる戦略的対応 15:00〜15:50
 〜製品開発、営業体制、販売等における戦略事例
5.質疑応答 15:50〜16:00

内容
詳細資料
備考 お申込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。
お申込みの際は1名様ごとに登録をお願いいたします。   

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所セミナー事務局 担当:中嶋/武田
TEL: 06-4560-6006FAX: 06-4560-6019
大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング