主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2015年12月11日(金) 14:00〜16:40
申込期間:2015年11月12日(木)〜2015年12月9日(水)
 企業と投資家との対話の手段として、統合報告書作成に挑戦する企業が増えています。それに伴い、長期の企業価値創造の観点から、どのように重要な事項を選択し開示すればよいのか、また、企業の価値創造ストーリーの確からしさを高めるために、どのような点に留意してKPIを設定し、開示すればよいかという統合報告書作成実務者からの問い合わせが増えております。
 私共、有限責任監査法人 トーマツは、このようなニーズに応えるために、統合報告書作成実務担当者を対象に、統合報告書作成セミナーを開催します。
 本セミナーの講師を担当する三代まり子氏は、会計監査の実務経験を経て、知的資本・資産イニシアチブ(WICI)にて日本の製薬、自動車、電子部品産業のKPI開発に従事後、2011年〜2013年に国際統合報告評議会(IIRC)のTechnical Managerとして企業報告に関する国際的な開示の枠組み(国際統合報告フレームワーク)およびConnectivity Background Paperの開発に関与しました。
 統合報告書関連の豊富な経験を持つ講師が、統合報告書作成実務者が直面する課題である、統合報告書の作成と開示における重要性(マテリアリティ)及びKPIの設定・開示についての勘所をお伝えします。
 また、参加者間のグループワークを通じて、課題解決に向けたヒントを講師やファシリテーターとともに話し合います。

開催概要

会場
100-0005 東京都 千代田区丸の内3丁目5番1号
参加費 無料
定員 12名 ※同業者の方、もしくはお申込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。
対象 IR部門、CSR部門、経営企画部門の統合報告書作成実務担当者様
内容
内容
詳細資料
備考 受講者の方には、受講票はセミナー開催1週間前を目途にお送りさせていただきます。
当日受講票とお名刺をお持ちの上、ご来場下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
セミナー事務局 (担当 田中/中野)
TEL: 03-6213-1113
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル