主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
日時:
2016年2月2日(火)14:00〜17:30
申込期間:2015年11月18 日(水)〜2016年1月29日(金)
ご好評につき、2015年9月18日、10月26日に東京で開催したセミナーと同内容で行います。

ジョイントベンチャー(Joint Venture、JV、合弁企業・合弁事業)は、他社と各自の強みあるリソースを持ち寄り共有しつつ、リスクを抑え、当事者が収益を獲得し、企業価値を高める手段として、新規事業・領域にビジネス展開する際に活用されています。特に近年、企業の経営戦略上、海外進出は優先度が高い施策のひとつであり、地の利あるローカルパートナーとのJVは頻繁に活用されています。JVは、いわゆるM&A(合併・買収)とは、新たなリソースを取り入れるという点では類似する一方、当事者が事業パートナーとしてJVの経営に関与するという点で相違が見られ、その活用の仕方、またJVを組成する手続も、JVの特徴を踏まえて検討することが必要です。


開催概要

会場
大阪府 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング
・地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 10番出口直結
・京阪本線 淀屋橋駅 3番出口より徒歩1分
・地下鉄四つ橋線 肥後橋駅 5-A出口より徒歩6分
参加費 無料
定員 180名(1社2名様程度まで)
【ご好評につき増席!】定員数を大幅に超えるお申込みをいただきましたので、定員を180名に増席いたしました。
対象
内容 14:00〜14:05
セミナー開催にあたってのご挨拶

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
萩谷 和睦

14:05〜15:05
経営戦略ツールとしてのJV活用の実践
・JVの特徴と類型
・事例に見るJVの活用方法
・JV実施時の留意点

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
井出 正樹

15:05〜15:10 休憩

15:10〜16:10
企業価値を向上させるJV契約の重要ポイント
・ディール全体におけるJV契約の位置づけ
・JV運営に関する重要条項
・Exitを見据えたJV契約戦略

アンダーソン・毛利・友常法律事務所
龍野 滋幹氏

16:10〜16:15 休憩

16:15〜17:15
JVストラクチャーにおける税務上の留意点
・JV組成時の税務上の論点
・JVの事例に見る実務上の検討ポイント

デロイト トーマツ税理士法人
小柴 正光

17:15〜17:30 全体を通じたQ&A等

内容
詳細資料
備考 ※受講票は、セミナー開催1週間前を目処にお送りいたします。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
セミナー事務局:岡原
Tel:06-4560-6043 Fax:06-4560-6036
〒541-0042大阪市中央区今橋4-1-1淀屋橋三井ビルディング