主催:
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
日時:
2016年1月27日(水)15:30〜17:30
申込期間:2015年12月16日(水)〜2016年1月26日(火)
製薬業を取り巻く環境は、市場のグローバル化、規制緩和に伴う異業種参入、政府の医療費抑制策や主力新薬の特許切れの影響を受けて、大きく変化しています。その中で、業務の効率化を進めながら品質を保証することが、FDA査察におけるWarning Letterの結果からも非常に重要であることがわかります。
本セミナーではFDA最新情報を提供すると共に、製薬業における最新トレンドであるデータインテグリティ強化への実効的な対応とクラウドサービス利用における具体的な取組みについてご説明する予定です。

開催概要

会場
東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1
参加費 無料
定員 80名
対象 製薬会社の信頼性保証、ITをご担当の責任者・担当者
内容 15:30 − 15:40  ご挨拶

           デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
           パートナー 川勝 健司

15:40 − 16:30  データインテグリティ強化に向けての対応について
          
           近年、FDA査察においてデータインテグリティについての指摘事項が増加し、
           その強化が重要視されています。ここではその対応において留意すべき事項を
           解説します。

           デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
           マネジャー 藤原 麻衣子

16:30 − 16:40  休憩

16:40 − 17:30  クラウドサービス利用におけるリスクアセスメントについて
 
           クラウドサービスを利用するにあたり、重要となるクラウドサービスプロバイダ管理を
           中心としたリスクアセスメントについて、具体的な取り組み事例もご紹介しつつ解説します。

           デロイト トーマツ リスクサービス株式会社 
           マネジャー 巻山 展輝
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 担当:稲垣
TEL: 03?6213?1113FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル