主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年2月16日(火)〜2016年3月8日(火)14:00〜17:00
申込期間:2015年12月22日(火)〜各開催日の6日前まで
会計基準の改訂や新会計基準の導入、決算の早期化、内部統制の強化、さらにはIFRS導入を視野に入れた準備対応など、年々経理担当者の業務は複雑かつ高度になっています。
本講座では、経理担当者を中心とした管理部門の方々を対象に、経理業務高度化に向けた基本的な知識の定着と応用論点の学習を行うことを通じて、会計基準の本質に立ち返って考える力の向上を目的としており、決算業務をより確実に遂行するためのポイントを体系的に習得できる講座としております。
本講座は、トーマツスクール <財務会計>カテゴリーの「経理ベーシック・スキル養成講座」の応用編にあたる3つのテーマ(仝把蟷饂困慮座参餬廖↓∪埜果会計、O結決算)を取り上げております。

開催概要

会場
東京都 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17F
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅
 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 全3回受講(パック割引): 30,000円(税込)⇒ 27,000円(税込)
※全3回のパック講座ですが、1テーマごとの受講も可能です。
1テーマごと: お一人様  10,000円(税込)
定員 40名※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます
対象 ・経理の基本的知識がある経理担当者の方
・経理の実務経験があり、理論的背景を学習したい方
・経理ベーシック・スキル養成講座を受講していただいた方
・経理業務の高度化に向けた業務を担われる方
内容 固定資産の減損会計の実践
固定資産の減損会計の基本的事項を復習した上で、減損会計の手順における実務的な重要ポイントを計算演習などを行いながら学習していきます。
具体的には、将来キャッシュ・フロー見積時の留意点、割引率の捉え方、減損損失の資産グループへの配分の他に、のれんの減損処理、グルーピングの注意点や本社費の配賦などを適用指針に則して学習します。

税効果会計の実践
税効果会計の基本的事項を復習した上で、重要論点である繰延税金資産の回収可能性を中心に学習します。
具体的には、繰延税金資産の回収可能性について、回収の意義、回収可能性の検討の基本的な考え方を学習した上で、5つの会社区分、タックスプランニング、スケジューリングといった、実務対応において理解が必要となる各概念を計算演習などを通し、理解を深めていきます。

※3月決算会社におかれまして、平成28年3月期の期末決算において適用することが想定される最新の会計基準等に基づいた講義を予定しております。

連結決算の実践
連結決算の基本的事項を復習した上で、連結決算に関する各種応用論点を学習します。
具体的には、資本連結の応用論点である子会社株式の追加取得・一部売却や増資・減資の連結処理に加え、連結固有の税効果会計や、在外子会社の連結のために必要となる財務諸表項目の換算方法などについて学習します。
内容
詳細資料
備考 演習がございますので、筆記具、電卓を各自ご用意ください

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
トータルサービス事業部セミナー事務局 担当:長谷川・狩野
TEL: 03-6213-2020/080-4601-0507FAX: 03-6213-1585
東京都千代田区丸の内1-11-1 PCPMビル