主催:
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
日時:
2016年3月7日(月)15:00〜16:20
申込期間:2016年1月18日(月)〜2016年3月4日(金)
近年、海外にM&A取引の機会を求める日本企業が増加しています。中でもダイナミックな動きをみせるアジア太平洋地域において投資機会が増え続けていることを受け、この機会を活用しようという動きが顕著です。
クロスボーダーM&Aは、様々な課題があるもののその見返りは大きく、投資家に相当のリターンをもたらすことが可能です。しかし、アジア太平洋地域には地域特有の利点や課題があり、日本企業が最適な対象会社を選定し、地域特有のリスクの軽減をはかるのは容易ではありません。

本セミナーではオーストラリア、インドおよび東南アジアにおける政治経済環境の概要、M&A活動のトレンドおよび投資機会について、またデータ・アナリティクスを活用した財務分析について解説いたします。

*本セミナーは全て英語で行いますが、各セッションの資料は日本語もご用意します。

開催概要

会場
東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル北館17F 有楽町電気ビルセミナールーム
・JR山手線 有楽町駅 日比谷口から徒歩1分
・有楽町線 有楽町駅、千代田線・日比谷線・三田線 日比谷駅
 A3出口から有楽町電気ビル地下1F直結
参加費 無料
定員 35名
対象
内容 15:00〜15:05
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリーの紹介とAPAC地域におけるプレゼンス

ブライアン ライトル

15:05〜15:20
オーストラリア: 鉱山ブームの終焉がもたらすM&Aの新しいステージ
・経済環境概要
・M&Aのトレンド
・将来のM&A取引機会

ディヴィッド ウェブ

15:20〜15:35
インド: モディ政権がインドM&A市場に与える影響
・経済環境概要
・M&Aのトレンド
・将来のM&A取引機会

ルペシュ ドティヤ

15:35〜15:50
東南アジア: 東南アジアの投資機会を最大化するには
・経済環境概要
・M&Aのトレンド
・将来のM&A取引機会

ヴィンセント ポワザ

15:50〜16:05
データアナリティクス
・アナリティクスの紹介
・M&Aアナリティクスの事例

フレッド ギボンズ

16:05〜16:20
Q&A
・事前にお受けしたご質問への回答
・質疑応答
内容
詳細資料
備考 ※受講票は、セミナー開催1週間前を目処にお送りいたします。

お問い合わせ

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-6213-1180 FAX: 03-6213-1085
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル