主催:
デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
    大韓貿易投資振興公社(KOTRA)

後援:駐横浜大韓民国総領事館
    横浜市経済局
    公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)
日時:
2016年3月7日(月) 14:00〜16:30 (受付開始 13:30)
お申込み締切:2016年2月29日(月)
海外展開をご検討中の企業の皆様が直面しているグローバル人材の不足という課題

日本企業が積極的にアジア、インド、アフリカといった新たな市場を開拓しなければならない状況にある一方で、日本の採用市場における日本人学生・手社員のマインドは「海外勤務よりできれば日本で・・・」、「責任あるポストよりも自分のペースで・・・」など内向き志向・安定志向が増えています。このミスマッチを解消すべく、帰国子女をターゲットにした採用活動も活発化していますが、日本人の帰国子女だけでは到底数が足りません。特に、日本企業が海外への事業展開を加速させるためのグローバル人材不足という問題を解決するには、全く新しい視点を持つことが必要です。
一方で、お隣の国・韓国では、国内の採用市場規模に対して、高い国際展開能力を持つ若手が溢れており、若手の高失業率が深刻な社会問題となっています。2013年より、韓国政府も、能力の高い韓国人材を海外企業に就職させ、国内で吸収しきれない若手労働力に活躍の場を作るべく、多額の国家予算を投じてきています。韓国の若手人材は、留学経験率が非常に高く、単なる語学力にとどまらない国際経験を身に付けており、昨今の韓国企業の躍進からもうかがえる様に、日本企業でも高い国際ビジネスマネジメント能力、国際マーケティング能力を発揮できる可能性を秘めています。事実、グローバル企業の管理職ポストにおいて、韓国人が活躍されているケースが多く見られます。

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)が提唱する日本企業への解決策とは?

DTCは、多様な国・地域からの新卒・第二新卒・中途採用を戦略的に進めてきており、特に韓国人材については、早くから高いポテンシャルに注目して、多くの採用実績を積み上げてきました。そうした経験とDTCの採用チャネルの活用や海外人材の戦略的な採用アプローチについてご紹介させて頂くのが本セミナーの目的です。また、海外展開において重要な「海外拠点の経営人材」としての実績が豊富な韓国の学生を戦略的に採用していくことの有効性についてもご紹介いたします。
本セミナーは韓国政府の全面協力の下、KOTRAとDTCが共同開催し、駐横浜大韓民国総領事館、横浜市経済局、公益財団法人横浜企業経営支援財団(IDEC)のご後援をいただき、海外展開を考えている横浜市内およびその他地域の企業の皆様へ向けて開催いたします。

ご多用中とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ぜひともご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒231-0021 神奈川県 横浜市中区日本大通11番地
JR「関内駅」南口 徒歩10分
横浜市営地下鉄 「関内駅」1番出口 徒歩10分
みなとみらい線 「日本大通り駅」3番出口 徒歩0分
参加費 無料
定員 100名
対象
内容 ご挨拶: デロイト トーマツ コンサルティング
      グローバル マネジメント インスティテュート 執行役員 國分 俊史 (こくぶん としふみ)
      大韓貿易投資振興公社 日本地域本部 本部長 鄭 爀 (チョン・ヒョク)

講演 А.妊蹈ぅ トーマツ コンサルティング 執行役員 國分 俊史
       「日本企業の海外展開に求められる視座と、韓国人学生のポテンシャル」

講演◆А.妊蹈ぅ トーマツ コンサルティング 執行役副社長 宋 修永 (ソン・スヨン)
      「海外展開を加速する日本企業に必要な経営の視点」 

講演: 大韓貿易投資振興公社 戦略事業チーム長 李 承禧 (イ・スンヒ)
      「韓国人材のポテンシャルとKOTRAの韓国人材採用支援事業」

閉会挨拶: 駐横浜大韓民国総領事 朱 重徹 (ジュ・ジュンチョル)
       「国交正常化50周年を迎え、新たなレベルへと昇華する日韓関係の構築に向けて」

※本セミナーは、1/21 デロイト トーマツ コンサルティング主催 東京開催の講演内容と同一です
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ コンサルティング合同会社
セミナー事務局
TEL: 03-4218-4685(電話によるお問合せ受付時間:平日10:00〜11:45、12:45〜17:00)FAX: 03-5220-8601
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル4F