主催:
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
日時:
2016年3月9日(水)15:00〜17:15
申込期間:2016年2月9日(火)〜2016年3月7日(月)
近年、金融機関など法令規制の遵守が強く求められる企業、さらにはグローバル企業や多彩な事業を展開する企業を中心に日本企業においても企業のガバナンス・リスク・コンプライアンス活動を統合的に管理し見える化するGRCへの関心が高まり国内における適用事例も公表されつつあります。
 一方で、これまで別々の目的で運用されてきた様々なリスクマネジメントプロセスを一本化することは容易ではなく、その実現に独立的な視点で企業内のGRCを全社的な視点でモニタリングする存在として内部監査部門に注目する経営者も少なくはありません。
本セミナーでは、日本におけるGRCの動向と、内部監査の役割の重要性、そしてGRCを目指した内部監査高度化の実現例についてご説明する予定です。また、本セミナーは2015年11月13日に開催した「GRCを活用した内部監査高度化セミナー」が大変ご好評を頂いており、皆様からのご要望を踏まえ、同様の内容で再開催させて頂くものであります。

開催概要

会場
東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17階
参加費 無料
定員 80名
対象
内容 15:00 - 15:50
日本企業におけるGRC活用動向と内部監査部門の重要性
〜なぜ内部監査管理の高度化が必要なのか〜

近年国内でも注目を集めるGRCですが、自社のさまざまなGRC活動を最適化し統合管理を目指すにはそのオーナーシップを持ち、経営者や現場にどうアプローチしていくのか疑問という声も聞かれます。一方で経営者の関心事をタイムリーに把握し、独立的な立場で自社の活動を支えることから、内部監査部門が自社のGRC推進役を担うのが効果的と考えられます。
本セッションでは国内外でのGRCの動向とデロイト トーマツのGRCへの取り組みを踏まえ「人」「プロセス」「IT」による共通リスクインフラの観点で内部監査を中心としたGRC展開について説明します。

デロイト トーマツ リスク サービス株式会社
マネジャー
渡部 豊


15:50 - 16:00
休憩   〜デロイト トーマツGRCテンプレート デモンストレーション〜


16:00 - 16:50
GRCを目指した内部監査高度化アプローチ
〜ITを活用した内部監査管理高度化のポイント〜

「内部監査業務の高度化においてITはどのように役立つのか」「GRCという全社的な活動にどう内部監査業務を活かしていくのか」という疑問がいま多くの企業の内部監査担当者から寄せられています。
本セッションでは国内企業から実際に寄せられた疑問や意見をもとに、内部監査高度化にむけたIT活用のポイントをGRCソフトウェアのデモンストレーションを通じた、ケーススタディ形式で説明します。

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
マネジャー
岩崎 康太郎


16:50 - 17:15
デロイト トーマツGRCテンプレートデモンストレーション、個別相談コーナー
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 担当:中野、宇戸
TEL: 03-6213-1113FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル