主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年3月23日(水)14:30〜17:00
申込期間:2016年3月1日(火)〜2016年3月22日(火)
第189回国会(常会)の参議院で継続審査となった改正社会福祉法も、今回の国会では成立する見通しです。
社会福祉法の改正により、経営組織のガバナンスの強化、事業運営の透明化の向上、財務規律の強化等が求められ、社会福祉法人には組織、運営、財務等多岐にわたる改革が必要となります。とりわけ、一定規模以上の法人(特定社会福祉法人(※))には、組織経営のガバナンス強化の一環として、会計監査人(公認会計士又は監査法人)の設置が求められ、会計監査人による計算書類等の監査を受けることになります。独立の第三者たる会計監査人による監査は従前の指導監査や不定期の外部監査とは位置づけが大きく異なるため、それに対応できる体制を整える必要があり、早い時期から体制づくりに着手することが肝要です。
当セミナーでは、改正社会福祉法の概要を俯瞰しつつ、法人経営において留意すべき事項を解説するとともに、会計監査人監査の意義や具体的な進め方を説明し、その受入に向けた実務上のポイントについて解説いたします。
年度末が迫ったご多忙な時期とは存じますが、お繰り合わせのうえ、是非ご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6021
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 無料
定員 40名
対象 社会福祉法人の経営層(理事長、理事、監事、事務局長)、財務担当の皆様
内容 第一部 14:30〜15:40
・改正社会福祉法の概要
講師: 有限責任監査法人 トーマツの公認会計士
第二部 15:50〜16:50
・会計監査人監査の意義及び導入に向けての準備
講師: 有限責任監査法人 トーマツの公認会計士
内容
詳細資料
備考 お申込みが定員を超えた場合にはお断りする場合もありますので、ご了承下さい。
お申込みの際は1名様ごとに登録をお願いいたします。   

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所セミナー事務局 担当:米倉/中嶋
TEL: 06-4560-6006FAX: 06-4560-6019
大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング