主催:
デロイト トーマツ サイバーセキュリティ先端研究所
日時:
2016年03月29日(火)14:45〜17:00
申込期間:2016年03月4日(金)〜2016年03月28日(月)
近年、サイバー攻撃は日々高度化しており、未知の脆弱性を悪用した攻撃や巧妙ななりすましメール等、予防を前提とした対策には限界があります。高度化したサイバー攻撃は完全に防ぐことが困難であり、いかに早く攻撃を検知し、被害を最小限にとどめるかが重要になります。
本セミナーでは、実効性のあるCSIRTを作り上げるための課題や施策について概説します。また、CSIRTを支える基盤として求められる監視サービスや、最新の脅威に対抗するために有用となるインテリジェンス提供サービスについて紹介します。

開催概要

会場
〒101-0053 東京都 千代田区神田美士代町7 住友不動産神田ビル2・3F
参加費 無料
定員 150名
対象
内容 14:45 - 14:55 ご挨拶

14:55 - 15:55 CSIRT構築最前線
CSIRTを構成するリソースとして、大きく3つ、「プロセス」(Process)「人」(People)「技術」(Technology)に分類できます。企業や組織がひとつとして同じものはないのと同様、企業や組織にとって最適なCSIRTの形態も異なります。組織の状況や習熟度に応じて、これらの3つのリソースをどこまで充実させるかを決めていくアプローチがCSIRTを構築する上で重要となります。本セッションでは実効性のあるCSIRTを作り上げるための課題や施策について、概説します。
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
マネジャー 岩本 高明

15:55 - 16:00 休憩

16:00 - 17:00 デロイト・サイバー・インテリジェンス・サービスのご紹介
高度化が止まらないサイバー脅威に対して、新たにサイバー・インテリジェンス・センター(CIC)を5月に開設し、サイバー・インテリジェンスを活用した高度なセキュリティ分析サービスの提供を開始いたします。本セッションでは、従来からあるマネージド・セキュリティ・サービスとCICの違いをグローバル・アーキテクチャーおよびサービス内容の2つの観点から説明すると共に、サイバー・インテリジェンスがどのような形でサービスに組み込まれ、提供されるかを説明いたします。
デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
シニアマネジャー 佐藤 功陛
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

デロイト トーマツ リスクサービス株式会社
セミナー事務局 担当: 田中/宇戸
TEL: 03-6213?1113
東京都千代田区丸の内3-3-1新東京ビル