主催:
有限責任監査法人 トーマツ 名古屋事務所
日時:
2016年6月16日(木)〜2016年9月7日(水)(全6回)
申込期間:2016年5月6日(金)〜各開催日の2営業日前
会計基準の改定や新会計基準の導入、決算の早期化、内部統制の強化、さらにはIFRS導入を視野に入れた準備対応など、年々経理担当者の業務は複雑かつ高度になっています。
本講座は、経理ご担当者を中心とした管理部門の方々を対象に、会計の基礎的な知識を学習しながら、会計基準の本質に立ち返って考える力の向上を目的としております。決算業務を遂行するためのポイントを体系的に習得いただけるよう、特に重要度の高い6つのテーマにて開催いたします。
会計に係わる見識を深め、今後のステップアップにご活用頂けましたら誠に幸いにございます。ご多用な折とは存じますが、皆様からのお申込みを心よりお待ち申し上げております。

開催概要

会場
〒450-8530 愛知県
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1
TEL: 052-565-5082
・名古屋市営地下鉄 名古屋駅徒歩1分(地下通路より直結)
・JR名古屋駅 桜通口より徒歩1分
・名鉄名古屋駅 北口より徒歩3分
・近鉄名古屋駅より徒歩3分
参加費 10,000円(税込・1テーマあたり)〔1テーマのみの参加も可能です。〕
なお、以下の割引がございます。
・パック割引(4テーマ以上申し込みの場合):8,000円(税込・1テーマあたり)
定員 36名
対象 上場・上場準備企業、会社法決算を行う企業の経理担当者
内容 決算と開示(決算短信、計算書類、有価証券報告書)の基礎
決算制度について、背景となっている制度別に全体概要を解説いたします。金融商品取引法、会社法及び税法それぞれに求められている決算書類の内容を確認した上で、決算開示のスケジュールを確認します。また、組替表の活用など演習を通して開示についての基礎的事項を学習します。

連結決算の基礎
連結の範囲、連結決算の手順の全体概要をご説明いたします。「連結修正の仕方」を中心に、演習を通して基礎的事項を学習します。

税効果会計の基礎
税効果会計の一般的な流れに沿って、法人税申告書に基づいた一時差異の把握など税効果の発生と会計処理のポイントについて演習を通して基礎的事項を学習します。

金銭債権 / 有価証券の評価の基礎
金融商品に関する会計基準の中で定められている「金銭債権の評価(貸倒引当金の算定含む)」と「有価証券の評価(減損含む)」の全体概要を解説いたします。

固定資産の減損会計の基礎
固定資産の減損に係る会計基準で定められている「固定資産の減損会計」の全体概要を解説いたします。特に、固定資産の減損会計の一般的な流れに沿って、演習を通して基礎的事項を学習します。

キャッシュ・フロー計算書の基礎
キャッシュ・フロー計算書の意義、読み方及び作成方法の基礎を解説いたします。
間接法と直接法の違い、間接法によるキャッシュ・フロー計算書の主な表示項目の計算、それらを通じた分析の着眼点について、演習を通じて学習します。また、精算表の活用についてもご紹介いたします。
内容
詳細資料
備考 ・定員になり次第、締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
・パック受講の場合、講座ごとに別の方にご参加いただくことも可能です。ご希望の際は事前にお知らせください。
・講座当日は受講票をご持参のうえ、同じ番号の場所へご着席願います。
・講義の録画・録音はご遠慮ください。
・同業種の方のお申込みはお断りさせていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
トーマツスクール 事務局 木村 知子、加藤 綾子
TEL: 052-565-5082FAX: 052-556-5549
愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋