主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年5月17日(火) 13:30〜17:00 (受付開始 13:00)
申込期間:2016年4月18日(月)〜2016年5月13日(金)
2015年10月からマイナンバー法が施行され、各種組織(企業、自治体、大学、病院等)は、従業員等から個人番号(マイナンバー)を収集しています。また、多くの組織では、これから外部有識者等からの番号収集を始めることが想定され、自身の従業員等のマイナンバーのみならず、外部者のマイナンバーを保有することになります。
組織は、これらのマイナンバーの保有にあたり、基本方針や取扱規程の作成、各種安全管理措置の導入など、内部統制の強化を進めてこられました。組織の内部監査部門は、内部統制の一要素として、これらの企業の対応をモニタリングする責務があります。そのためには、まず内部監査部員自らが、その漏えいのリスクを認識し、改正された個人情報保護法を理解し、マイナンバー監査の要点を理解する必要があります。
そこで、本セミナーでは、マイナンバー内部監査元年と称して、内部監査部員が理解すべき内容について解説するともに、実際に内部監査を行う際の具体的なポイントについても解説いたします。
ご多忙とは存じますが、お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますようご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒450-8530 愛知県 名古屋市中村区名駅一丁目1番1号
TEL: 052−565−5082
・ 名古屋駅(徒歩1分)
・ 地下鉄名古屋駅(徒歩1分)
・ 名鉄名古屋駅・近鉄名古屋駅(徒歩4分)
参加費 無料
定員 70名
対象
内容 1.情報漏えいが企業に与えるリスク(有限責任監査法人 トーマツ 公認内部監査人 赤尾 聡)
2.改正個人情報保護法の理解(有限責任監査法人 トーマツ 山中 章太郎)
3.マイナンバー監査の要点(有限責任監査法人 トーマツ 金町 憲優)
4.質疑応答(講師全員)
内容
詳細資料
備考 ※講演テーマ・講師は変更となる場合がございます。予めご了承ください。
※会場の都合により、受付開始時間前に入場が出来ない場合がございますので、予めご了承下さい。

お問い合わせ

有限責任監査法人トーマツ
セミナー事務局:木村 知子、加藤 綾子
TEL: 052−565−5082FAX: 052−565−5549
〒450-8530
名古屋市中村区名駅一丁目1番1号 JPタワー名古屋