主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年7月4(月)〜2016年7月5日(火) 計2回
申込期間:2016年5月18日(水)〜2016年6月30日(木)
ご好評いただいております内部監査セミナーを、本年も開催いたします。
「基礎編」は、内部監査経験の浅い方等、内部監査実務に係る基礎的な知識及び実務の理解を図りたいとお考えの方を受講対象者として設定しており、効果的な内部監査のあり方や内部監査業務の基礎となる実務知識の習得が期待され、新入内部監査部員への研修に最適といえます。なお、最近の内部監査環境を踏まえ、「データを活用した内部監査技法」では、CAAT(コンピュータ利用監査技法)及びアナリティクスを活用した内部監査を取り入れています。
講師は実務経験豊富なトーマツの内部監査専門家が解説いたします。

開催概要

会場
東京都 千代田区有楽町1-7-1
参加費 各テーマ 10,000円(税込)
セット割引:基礎編 全6テーマお申込者 50,000円(税込)
定員 60名
対象 内部監査経験の浅い方等、内部監査実務に係る基礎的な知識及び実務の理解を図りたいとお考えの方
内容 7月4日(月曜日)

9:30〜11:30
■内部監査調書の書き方
実施した監査手続の記録方法から結果のまとめ方まで、わかりやすい監査調書を
作成するためのポイントを解説します。

12:30〜14:30
■内部監査におけるインタビュー技法
内部監査を行う上で必要となるインタビュー技法に関して、インタビューの目的、
作業手順、各作業におけるポイント、質問項目設定や質問のしかたなどの留意点
について解説します。

15:00〜17:00
■情報システム監査の基礎
財務報告に係る内部統制の基礎となる情報システムについて、管理業務の流れと
管理のポイント、管理手続及び管理業務の内部統制を検証するための監査手続の
例を解説します。


7月5日(火曜日)

9:30〜11:30
■内部統制報告制度評価の実践
内部統制報告制度において実施される業務プロセスに係る内部統制の評価方法に
ついて、整備状況の評価、運用状況の評価、サンプリング、ロールフォワード、有効性
判断等、評価を実施する上でポイントとなる事項を解説します。

12:30〜14:30
■内部監査におけるリスクアプローチ
リスクアプローチに基づく内部監査を実施するための考え方、特に、監査計画を策定
する際に重要になるリスクアセスメントについて、リスクの識別から評価までのプロセス
に沿って、基礎的な考え方や実務上の手法を解説いたします。

15:00〜17:00
■データを活用した内部監査技法
監査対象が拡大・複雑化する中で、監査リソースを効率的に使いかつ有効性の高い
内部監査を実現するツールとして、各種データを用いた監査手法が注目されています。
情報システムに蓄積している大容量の電子データを有効利用した、CAATおよび
アナリティクスの概要と監査への導入ポイントについて解説します。
内容
詳細資料
備考

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
トーマツ企業リスク研究所 事務局 担当:田邊/稲垣
TEL: 03-6213-1113FAX: 03-6213-1117
東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル