主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年7月28日(木)〜2016年11月7日(月)
申込期間:2016年6月6日(月)〜開催日の4営業日前
本講座では、企業年金や退職金に関する業務遂行に必要な知識と業務全体の流れ、年金制度運営という視点から重要なポイントなどを学んでいただくことを目的にしています。特に、業務に必要な基礎知識の習得に留まらず、演習を通じて難解な専門用語や概念をイメージで理解したり、知識を活かすためのスキル体得といった実務的側面に重きを置いております。年金実務に関する知識・スキルを体系的に学べるようなセミナーはあまりなく、皆様にとって有意義な学びの場になるものと自負しております。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋四丁目1-1 淀屋橋三井ビルディング
TEL: 06-4560-6006
地下鉄御堂筋線淀屋橋駅10番出口直結
京阪本線「淀屋橋」駅3番出口から徒歩1分
地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅5-A出口から徒歩6分
参加費 1テーマお一人あたり:5,000円(税込)
パック割引:3テーマ以上のお申込の場合:4,000円(税込・1テーマお一人あたり)
※全5回のお申込の場合は20,000円(税込)となります。
定員 40名(定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。)
対象 ・ 新しく年金・退職金関連部署に配属された方
・ 年金・退職金の人事面での知識はあるものの、財務経理面での実務経験が浅い方
・ 年金・退職金の財務経理面での知識はあるものの、人事面からの理解も深めたい方
・ 短期間で年金・退職金に関する知識・スキルを概観したい業務管理・監査系部門の方
内容 企業年金財政の基礎
企業年金にまつわる年金財政の仕組みや考え方を解説し、財政決算報告書が読めるよう各項目の説明をします。専門用語の紹介に留まることなく、背後の考え方や意味合いを理解しながら、年金財政上の剰余・不足の発生要因を理解できるよう、継続基準や非継続基準といった企業年金のルールについて学習します。

退職給付会計の基礎
退職給付会計の概要について解説し、各会計用語の定義とその内容について紹介します。発展的なテーマとして退職給付債務や勤務費用の計算方法についても触れ、費用の構成要素と会計処理の流れを説明します。後半では、実際の退職給付会計の処理に必要なデータの収集から、退職給付債務等の計算結果と会計数値の関係を学び、財務諸表への表示・開示までを学習します。

企業年金財政と退職給付会計の実務
第1回、第2回の内容を踏まえて、実際に企業年金を運営する際に直面する、年金財政における掛金決定や財政再計算による不足金の解消と退職給付会計上の債務・費用との関係について実務面から解説し、意思決定におけるポイントを理解していただきます。また、会計基準の改定により生じている、単体決算と連結決算の違いについても学習し、業務の遂行に役立つ内容を解説します。

年金資産運用の基礎
企業年金の運営においては、年金資産の運用を避けて通ることはできません。資産運用において重視すべきポイントを理解し、意思決定に当たっての指針を学習します。具体的には、政策アセットミックスの策定および維持、分散投資効果についての再確認、インフラ投資を含むオルタナティブ投資の動向、受託者責任を果たすための外部監査等の利用について、シミュレーション結果などを参照しながら、それぞれの投資行動の結果を見ながら理解を深めていただきます。

退職給付制度の運営実務
第4回までの内容を踏まえ、人事面や財務経理面の両方から退職給付制度全体の運営・ガバナンスに関する考え方を学習します。制度の改定に当たって検討すべきポイント、順番、手続きなどについても理解を深めていきます。最新の法令改正の動向や、最近の制度改訂や従業員コミュニケーションの事例のを通じて、最新の退職給付制度を取り巻くトレンドについて学習します。
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票のご案内をさせて頂きます。

※尚、本セミナーでは当社関与企業への特別割引はございませんのでご了承ください※

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
大阪事務所セミナー事務局 担当:黒木/小林
TEL: 06-4560-6006FAX: 06-4560-6019
〒541-0042 大阪市中央区今橋四丁目1−1 淀屋橋三井ビルディング