主催:
有限責任監査法人 トーマツ
森・濱田松本法律事務所 
日時:
2016年7月11日(月)14:00〜17:00
申込期間:2016年6月15日(水)〜2016年7月8日(金)
近年、多くの日本企業が急速にアジア諸国への事業展開を加速させるなか、本来は並行して進めるべき海外子会社管理は山積する課題に追われ、後回しにされている感があります。日本本社からの明確な方針の伝達や具体的な指導がなければ、海外子会社は独自の方法で経営管理を実施することになります。結果として、重要なリスクの認識がなされていないケースや有事の対応が後手に回るケースも見受けられ、グループ全体の経営にとって大きな不確定要素となっています。
このような背景のもと、クロスボーダーの法務リスク対応に定評のある森・濱田松本法律事務所と共催にて、下記の要領にてセミナーを開催する運びとなりました。

開催概要

会場
〒541-0042 大阪府 大阪市中央区今橋4-1-1 淀屋橋三井ビルディング6階
・ 地下鉄御堂筋線 淀屋橋駅 10番出口直結
・ 京阪本線 淀屋橋駅 3番出口から徒歩1分
・ 地下鉄四ツ橋線 肥後橋駅 5-A出口から徒歩6分
参加費 無料
定員 40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 管理担当役員、海外事業担当責任者または法務・コンプライアンス担当責任者の方
内容 .▲献∋匆饉劼遼〔灰螢好とその対処方法
海外子会社の会計不正事例と管理の現状
グローバル・リスク管理体制構築と実践
ぅ僖優襯妊スカッション 「では何を、どこまで管理すればよいのか」
内容
詳細資料
備考 お申込受付後、受講票等ご案内させていただきます。
大変恐れ入りますが、同業他社様のお申し込みはお断りしております。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
関西セミナー事務局 担当:米倉/中嶋
TEL: 06-4560-6006FAX: 06-4560-6019
大阪市中央区今橋4-1-1
開始30分前より受付を開始します。
当日は受講票とお名刺をお持ち下さい。