主催:
有限責任監査法人 トーマツ
日時:
2016年7月28日(木)14:00-15:30
申込期間:2016年7月4日(月)〜2016年7月22日(金)
 2013年にバーゼル靴実施されたばかりであるのにかかわらず、バーゼル銀行監督委員会において、銀行の健全性規制の見直しが継続されています。2015年3月期からは流動性規制であるLCRが、2016年3月期からはバッファーが実施されました。
 来年2017年3月からも、デリバティブ取引の与信相当額の見直し等が予定されています(6月28日時点で国内での告示未公表)。
 かかる状況下、有限責任監査法人トーマツでは、バーゼル規制に関するセミナーを開催させて頂くこととなりました。当該セミナーでは、「直近公表された国際的な合意」および「実施が予定されている規制」の概要についてご説明させて頂くことを予定しております。金融機関のリスク管理および自己資本管理のご担当者様に有益なものとするべく、準備いたしております。
 ご多忙中、また非常にタイトなスケジュールでのご案内となりますが、万障お繰り合わせのうえ、ぜひご参加くださいますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

会場
〒100-0006 東京都 千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビル 北館 17階17-02
参加費 無料
定員 80名(定員になり次第、締め切らせていただきます)
対象 金融機関のリスク管理および自己資本管理のご担当者様
内容 14:00-15:15 バーゼル規制の見直しの概要
 直近公表された国際的な合意
   ・銀行勘定の金利リスクの取扱い 等
 実施が予定されている規制
   ・デリバティブ取引の与信相当額の見直し 等
15:15-15:30 質疑応答
* テキストの公表スケジュールによって、テーマは変更になる場合がございますので、予めご了承下さい。

講師: 有限責任監査法人 トーマツ シニアマネジャー 浅井太郎、シニアマネジャー 飯野直也
内容
詳細資料
備考 お申込み受付後、7/21(木)ごろより順次受講票等をご案内させていただきます。

お問い合わせ

有限責任監査法人 トーマツ
金融インダストリーグループ セミナー事務局
TEL: 03-6213-1163FAX: 03-6213-1186
東京都千代田区丸の内3-3-1